1. TOP
  2. 茶道をしてると使う挨拶の言葉を一覧で紹介!

茶道をしてると使う挨拶の言葉を一覧で紹介!

 2015/12/21 茶会
  5,552 Views

茶道を稽古では、短い時間に数多くの挨拶を
交わすと思いませんか?
一通りのお点前の間にも、亭主・半東・正客、
それぞれ挨拶を交わしますね。

薄茶のお茶会で、客がよく使う
挨拶の言葉を一覧にしてみました。

Sponsored Links

 

お招きありがとうございます

2c9d33fa

まず、茶席で亭主と最初に交わす挨拶は、
お招きいただいたことへのお礼です。

正客ならば、
「今日は、お招きいただき、ありがとうございます。」
と伝えましょう。

亭主よりは、
「わざわざお出かけいただきありがとうございます。」
といった挨拶がかえってきます。

大寄せの茶会では、正客以外は亭主に挨拶を述べませんが、
少人数の茶会で、一人ひとり挨拶する場合は、
「ご一緒にお招きいただいて・・」
といった挨拶をしましょう。

 

臨機応変に時候の挨拶も!

茶会では、お道具の取り合わせ、お菓子の色形・・など、
季節感をたいへん大切にします。

最初に亭主と挨拶をする際も、
季節やお天気に関わる言葉を交えましょう。
「やっと暖かくなってきて、いい日よりになりました
「もみじの葉も色づいて、秋めいた日になりましたね。
など、その日の様子を述べましょう。

応用編ですが・・
正客は、お道具組の様子を眺め、亭主の意向を読み取って
季節の話題を投げかけたいですね。

茶席では季節を先取りしたお道具組がされますが、
現代は、温暖化で季節の訪れのタイミングも狂いがちです。
秋の訪れを先取したお道具の席で、
「まだまだ暑いですね~」
と言ってしまうと、
ちょっと気まずくなりますよ(笑)

 

お先に

客として茶席に入ったときによく使う言葉が
「お先に・・」
です。

席入りの際にも、後ろの方に
「お先に」

お菓子を取りまわす際にも、次席の人に
「お先に」

お茶をいただくときも、
お茶碗を次席の人の間において

「お先に頂戴します。」

お道具の拝見の際にも
「お先に」

日常生活でも、上手に使いたい言葉ですね。

 

お相伴いたします

mainimage

お茶をいただくときに、次客以降の方が使う言葉です。

お茶が届いたら、まず、前の客との間に茶碗をおいて
「お相伴いたします」
と挨拶します。

続いて、次客の間にお茶碗を置いて
「お先に」
と挨拶します。

 

お点前頂戴します

両隣の席のお客に挨拶したと、茶碗を自分の前において
「お点前頂戴します」
と亭主に挨拶します。

Sponsored Links

どうぞおしまいください

薄茶のお点前では、正客から声がかかるまでは、
亭主は薄茶を点て続けることになっています。
つまり、お客は望めば何服でもいただいていいのです。

正客は
「みなさん十分いただいたか」
と確認したうえで、

お詰めのお茶碗が戻り、亭主がゆすいだとろころで
「どうぞおしまいください」
と声をかけます。

亭主からは
「おしまいに致します」
と改めて挨拶がかえってきます。

 

ご両器の拝見をお願いします。

おしまいの手前が進み、水差しのふたがしまったところで、
正客は「ご両器」、つまり、薄茶器と茶杓の拝見を求めます。

亭主は無言で会釈をして、挨拶を受けます。

 

たいへん結構に拝見させていただきました

chawan

拝見が終わって、お道具を返した後、
亭主にお礼を述べます。
その後、亭主に棗と茶杓がどのような由来のものか質問します。

一通りのやり取りが終われば、正客は感想とお礼を述べます。
「時候に適ったお道具を・・」
「珍しいお道具を拝見させていただき、ありがとうございました」
というような挨拶です。
そして、客は退出します。

 

帰ったらお礼状を

大寄せの茶会でない場合、茶会から帰ったら、
できるだけ早くお礼状をしたためましょう。

本当に正式な茶事では、後日、改めてお礼に伺うこともありますが、
現代ではお礼状をお送りするのが、
礼儀に適っていると思います。

さて、日ごろの生活にも使える挨拶の言葉が
たくさんあると思います。
ぜひ、活用してみてください。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

chawan

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!