1. TOP
  2. 表千家や裏千家で使われる和菓子は?

表千家や裏千家で使われる和菓子は?

 2016/04/12 日本文化
この記事は約 4 分で読めます。 855 Views

お菓子が楽しみでお茶のお稽古を始めたの!
という方も多いように、
お抹茶に添えられたお菓子は茶道の楽しみの一つ。

和菓子屋に出かければ、季節に応じて、
様々な和菓子が品ぞろえされています。
茶道では、どんな和菓子が使われるのでしょうか?

Sponsored Links

和菓子の形や種類を紹介!

茶道で使われる和菓子には、主菓子と干菓子があり、
濃茶には主菓子、薄茶には干菓子が添えられるのが基本です。
ただし、薄茶しか提供されないお席では、
主菓子が出されることもあります。

主菓子

20090225140951

保存がきかない生菓子のことで、
餡子が使われたものが多いですね。

基本は、お饅頭。
皮に大和芋を用いた薯蕷饅頭が定番です。
しっかり、食べ応えがあるお菓子です。

色つけた餡を裏ごしして、栗のイガのようにした
きんとんは、菜の花や紫陽花など、
季節の花を表現したものが豊富です。
色合いは華やかで、
口のなかでフワリと溶けて軽やかお味です。

着色した白餡につなぎをいれた練り切り。
花、柿などの果物、色付いた葉など、
様々な形を楽しめます。
滑らかな餡としっかりとした甘さがお抹茶によくあいます。

 

干菓子

DSC_0097 - コピー

干菓子は、文字通り、水分を含まない菓子で、
日持ちがするものです。
米などから作った粉に水飴や砂糖を混ぜて着色した落雁は、
果物・花、鳥など様々な形のものがあり、
目も楽しませてくれるお菓子です。

和三盆は、繊細で、口に入れると
あっというまに溶けてしまいますね。

他にも、水あめで作られたもの、
パリっと香ばしい麩焼きなども
茶道で用いられます。

Sponsored Links

 

全国の茶道で使われる有名店を紹介!

必ずと言っていいほど、全国の大きな町には、
江戸時代から続く和菓子の老舗がありますね。

それぞれの店の伝統を受け継ぎ、名物と呼ばれる和菓子を、
今でも販売しています。
家元のお茶会でも使われる有名な和菓子の店を紹介しましょう。

 

20081231_563939

 

とらや

和菓子屋の代表格といってもよい「とらや」。
室町時代後期に京都で創業した老舗です。

皇室の御用達としても知られ、
明治に入り、天皇が東京に移られたのにあわせて、
東京に本店を移したという歴史のあるお店です。

季節に応じて様々な主菓子を用意していますが、
とらやといえば、有名なのはやっぱり羊羹ですね。

 

鶴屋吉信

京菓子の老舗といえば西陣にある「鶴屋吉信」
江戸時代の後期の創業です。

柚子餅は京都のお土産の定番。
節分の時期には、桝に見立てた箱に、
豆の形をしたお菓子を詰めた「福ハ内」も有名です。

 

末富

明治時代の創業ですが、京菓子なら「末富」のお菓子も
家元関連の茶会でよく使われるようです。
月替りで、京都ならではの、
季節の移ろいを表現した主菓子が作られています。

 

DSC05367

 

両口屋是清

尾州徳川家の御用菓子屋だった「両口屋是清」。
17世紀の創業と伝統のある和菓子屋です。
ピンクと白の和三盆が、白い柔らかな紙に包まれた「二人静」
そのかわいらしさが、愛されていますね。

 

森八

金沢も和菓子屋が多くて有名な町。
中でも、伝統もあり全国的に有名なのが「森八」ですね。
こちらも江戸時代初期に創業し、400年近く続く老舗です。

日本三大銘菓とも言われる、「長生殿」が有名です。

落雁の一種で、打ち出された「長生殿」の文字は、
小堀遠州の直筆と言われています。

 

鶴屋八幡

大阪の老舗和菓子屋といえば、「鶴屋八幡」。
元禄時代の創業の「虎屋伊織」が前身です。
虎屋伊織の様子は、「東海道中膝栗毛』に登場し、
『摂津名所図会』にも、
旅人が土産を買い求める盛況ぶりが描かれています。

 

地元で愛される和菓子は各地に!

ca71e4e2

百貨店に出店している有名な和菓子屋を中心に紹介しましたが、
茶道が盛んな町には古くから地元で愛されてきた和菓子屋が
必ずあります。

不昧公好みの味を受け継ぐ松江の「彩雲堂」
天正時代創業の奈良の「本家菊屋」などなど・・

旅先では、ぜひ老舗の和菓子屋を探して、
お土産に選ぶと喜ばれますよ!

Sponsored Links


☆★☆日本のサプリに絶望した海外サプリマニアが
唯一日本でおすすめ出来るサプリ♪☆★☆



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

20081231_563939

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

蒲生はな

蒲生はな

骨董マニアの父の影響で茶道を習い始めて10年以上お稽古を続けています。
しっかり父の趣味は受け継いで、お道具を鑑賞するのが大好き。
貴重な茶の湯の道具を追いかけて、日本全国の美術館・博物館に出かけています。
バラバラとした知識を系統立てようと、通信制の芸術大学で「和の伝統文化」を学んでいます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 表千家の濃茶の飲み方とは?手順を紹介!

  • 裏千家の家元!名前の読み方を紹介!

  • 表千家の家元!名前の読み方を紹介!

  • 表千家や裏千家で使われる和菓子は?

関連記事

  • お歳暮のマナー!時期いつ?相手別・喪中などシーン別で解説!

  • 茶道を京都で体験するならココ!

  • コーヒーvsお茶を徹底的に比較!健康に良いのは?

  • 茶道で婚活できる?セレブへの道!

  • お茶の製法!違いはどこにある?

  • 訪問先の挨拶マナーとは?日本文化から学ぶ