伊勢神宮は夫婦で行かない方がいい?パワーが強すぎる?

神社

伊勢神宮は夫婦で行かない方がいい?パワーが強すぎる?

言わずと知れたパワースポット、伊勢神宮。年間500万人以上も訪れる人気の観光地です。

歴史ある神社ですが「夫婦で参拝はしない方がいい」と聞いたことがありませんか?

せっかく伊勢神宮に参拝しようと思っても、ネガティブな噂があっては躊躇してしまいますよね。

そこで、今回はなぜ噂があるのかも含め、伊勢神宮を徹底調査しました。

最後には伊勢神宮でやってはいけない行動も紹介しています。

この記事を読めば、不安を取り除いて心穏やかに伊勢神宮を参拝できますので、ぜひご一読ください。

伊勢神宮は夫婦で行ってはいけないって本当?

夫婦で参拝すると関係が悪化する・別れるという噂のある伊勢神宮ですが、夫婦で行っても問題はありません

しかし、大丈夫だと言われても噂が気になる方も多いでしょう。なぜ噂が出たのか理由を調べてみました。

  • 伊勢神宮に祀られている神様が女性だから
  • 伊勢神宮の近くにあった遊郭へ男性に来てほしかったから

よく言われるのは「祀られている女性の神様が、仲の良い夫婦に嫉妬して別れさせる」という話です。

女性は嫉妬深いといういわれから来ていますが、主祭神の女神様が嫉妬深いという文献は見つかっていません

実はこのフレーズ、遊郭で働く遊女たちが男性に多く来てもらうために考えた知恵だと言われています。

「一生に一度」とブームになったお伊勢参りは、近くの遊郭で遊ぶ「精進落とし」までが流れとして考えられていました。しかし、女性連れの男性は遊郭へ行きにくい…。そこで考えられたのが上記のフレーズです。

遊郭の全盛期は江戸時代。なくなってしまった今もなお語り継がれているのは面白いですね。

本当に神様がやきもちを妬くのか真偽はわかりませんが、伊勢神宮には縁結びや夫婦円満のパワースポットが存在しています。気にしすぎる必要はないでしょう。

⇒夫婦円満になれるパワースポットはこちら

カップルは?

夫婦同様、カップルで伊勢神宮を参拝しても問題はありません

参拝客が増えたことでお参り後に別れるカップルの数も増えたため、このような話が出たと考えられます。

伊勢神宮にはカップルで訪れるのにおすすめなパワースポットもたくさん。

しかし、くっつきすぎたりいちゃいちゃしたりと、礼儀をわきまえずに参拝するのは控えたほうがよいでしょう。

神社は神様へご挨拶をするため、さまざまな方が訪れる聖域。目上の方の自宅を訪れる気持ちで参拝するのがおすすめです。

伊勢神宮はなんの神様なの?

伊勢神宮の主祭神は次の2柱です。

場所神様ご利益
内宮天照大御神
(あまてらすおおみかみ)
国土安泰、開運、無病息災
外宮豊受大御神
(とようけのおおみかみ)
農業守護、衣食住守護、産業振興

伊勢神宮には内宮と外宮があり、それぞれお祀りしている神様が異なります。

内宮に祀られている天照大御神は、太陽を神格化した女性の神様であり、皇室の御先祖様です。

日本の最高神であり、総氏神とも言われる天照大御神は、国が豊かで国民が幸せに暮らせるように見守ってくださっています

外宮の御祭神である豊受大御神は、天照大御神の食事を司る女性の神様

食事を司ることから穀物・食物の神とも言われ、衣食住は人々の暮らしが豊かになる基盤であることから、すべての産業を守る神様とも言われています。

しかし、伊勢神宮で祀られている神様は上記2柱の主祭神だけではありません。

伊勢神宮は内宮・外宮を中心に、別宮14、摂社43、末社24、所管社42の計125社の集合体です。中には同じ神様の場合もありますが、それぞれ異なる神様が祀られています。

多くの神様が集まっている伊勢神宮。「お参りするだけでご利益がある」という話も納得できますね。

⇒伊勢神宮についてもっと詳しく知りたい方はこちら(伊勢神宮公式サイト)

伊勢神宮はパワーが強すぎる!スピリチュアルな現象は?

前述の通り多くの神様をお祀りしている伊勢神宮は、噂を信じて参拝しないのはもったいないほどのパワースポットです。

参拝中もしくは参拝後に不思議なスピリチュアル体験をした話も多く残っています。

今回は中でも特に多い現象を5つ、口コミを交えてご紹介します。

伊勢神宮は人生が変わる?

伊勢神宮には人生の転機に成功へと導く力があると言われています。

会社休んで伊勢神宮に行ってきます。前回お参りした後、思いがけず英語人生がやって来た。なぜかお伊勢さんに行くと人生変わる。引用元:Twitter@kanda291515

参拝のタイミングは人生のターニングポイントであることも多いそうです。

伊勢神宮に行ってから自分の人生流れが変わった。 あまり劇的な変化ではない。 でも、わたしはビビりだから激しすぎるとついていけなくなっちゃうので緩やかに変わるように神様?ハイヤーセルフ?が配慮してくれてるんだなあ、と感じる。引用元:Twitter@motttookaz

残念ながら根拠は明らかになっていませんが、参拝後に人生が大きく変化したという方が多いのはまぎれもない事実です。

伊勢神宮は、1,500年以上神職や巫女によって祈りが捧げられてきた清浄な場所。

理由はわからないけれど伊勢神宮が気になるときは、神様に呼ばれているのかもしれません。

⇒伊勢神宮に呼ばれる人とは

⇒伊勢神宮はいつ行くのがいい?

夫婦円満になる?

夫婦で行くと別れるという噂を打ち消すかのように、伊勢神宮の近くには夫婦円満や縁結びのご利益があるパワースポット「夫婦岩」があります。

伊勢市二見町にある【二見興玉神社】です 夫婦円満、縁結びのパワースポットとして有名です 伊勢神宮参拝の際にはまず初めにこちらで禊を行うのが慣わしとの事なので、参拝させていただきました引用元:Twitter@you26755434

残念ながら、参拝して夫婦円満になったという口コミはありませんでした。

しかし、まるで夫婦のように寄り添う2つの大岩が、海の中で大きな注連縄に固く結ばれている姿に、絆の深さを感じられます。

岸にある縁結びのパワースポット、二見興玉神社の鳥居としての役目も果たしている夫婦岩。伊勢志摩国立公園の名所のひとつで、5月〜7月には荒縄で結ばれた二つの岩の間から日の出が見え、10月〜1月には幻想的な月が。ロマンティックな光景が広がります引用元:Instagram-nationalpark_japan_jpより一部抜粋

日の出の遥拝所としても有名で、幻想的な風景に感動したとの声も多い人気スポットです。

子宝に恵まれる?

内宮で密かに人気を集めているパワースポットが、子宝を授かると言われている「子安神社」です。

子授け、安産の神として親しまれている木花開耶姫神(このはなさくやひめ)が祀られています。

SNS上には「子授け祈願で小さな鳥居を奉納した後に妊娠した」という声が多くありました。

神社系はね!一回だけ経験がありましてね!お伊勢さんの子安神社で、立ち寄った瞬間他の人がサーっと帰って自分たちだけになって、晴れてるのに小雨がパラパラ〜と一瞬降って、そのひと月後に授かったんですよ〜 お礼参り、行かないとなぁ引用元:Twitter@vUpGCi1SVqar28w

昨日はお伊勢さんに行ってきました。外宮、内宮そして子授け祈願しに子安神社に行ってきたよ(内宮の中にあります)やっぱり神聖な場所だと鬱々しい気分も晴れやかになった 普段と違う場所に行って気分転換って必要ですな引用元:Twitter@akipomcham

特に妊活中は何かとストレスがたまりやすいもの。自然に囲まれた伊勢神宮への参拝で気分転換につながるのも嬉しいですね。

金運がアップする?

伊勢神宮には金運アップにつながるパワースポットが多数あり、多くの口コミが確認できました。

内宮さん。皆さん何気なく宇治橋渡ってると思いますが、三枚目の板を踏むと金運UPって話御存じです?足=お金で成人の歩幅で三枚目を踏むと言う事で『足が入る=お金が入る』っていうお話らしいです。金運UPした実感ないけど…食べるの困ってないからそうかもね?引用元:Twitter@BIKEWORLD_GIFU

帰りの宇治橋の最後から二番目の擬宝珠(ぎぼし)にはお札が納められておりパワースポット。 触るとまた参拝に訪れる事ができるとか金運アップとか言われています。引用元:Twitter@may_1638

内宮の別宮、伊雑宮に来たよ♪ ここにある巾着楠は、お金が貯まるというパワースポットらしいので、写メのお裾分け♪引用元:Twitter@chiharu19760509

伊勢神宮の授与品に金運のお守りはありませんが、言い伝えられているパワースポットの多さは、それだけ信じて伝えてきた人が多いことの証明でもあります。

また、外宮に祀られている豊受大御神はすべての産業の神様。産業は経済にも通じ、ひいては金運にもつながります

財界人や政治家の多くが参拝に訪れることも、金運アップできるパワースポットとして人気の理由でしょう。

伊勢神宮のブレスレットの効果は?

貴重な神宮杉を使用したブレスレットの浄化効果が話題となっています。

伊勢神宮内で育った杉の種子から神宮が育成した神宮杉は、伐採が許されておらず、台風などで倒木した場合にのみ「御山杉」と名前を変えて一般に流通します。

貴重な銘木を使用して作られるブレスレットは、伊勢神宮で販売されているわけではありません。一般の店舗で取り扱っており、ネットでも購入が可能です。

樹齢300年以上の貴重な御山杉だけのものや、パワーストーンと併用したものなどブレスレットの種類はさまざま。同じものは2つとない美しい木目と木の香りも魅力です。

先日、ご縁があり神宮御山杉のブレスレットをお迎えしました とても良い香りがして心が落ち着きますね引用元:Instagram-yossiyi2757より一部抜粋

神様とのご縁が感じられるブレスレットは、なかなか伊勢神宮へ行けない方にも人気となっているアイテムです。

行きたくて仕方がない伊勢神宮・・・。なかなか時間が取れずにいるため、少しでも身近にと思い、それほど値の張らないこちらのブレスレットの購入を決めました。届いて即手首に着けました。特に手首が熱くなるという感覚は私にはありませんでしたが、なんと神宮を訪れた夢を見ました。不思議なことに、翌朝身体が妙にすっきり軽くなりました。きっと思いが強かったんでしょうね。引用元:楽天市場 みんなのレビュー-ゆきにゃん3

伊勢神宮に呼ばれる人とは

伊勢神宮に呼ばれる人の特徴は以下の5つです。

  • 伊勢神宮を理解している人
  • 日頃から神社に関心のある人
  • 努力している人
  • 感謝の気持ちがある人
  • 重大な悩みを抱えている人

強いパワーを持つ伊勢神宮では、参拝する人を神様が選んでいると言われています

伊勢神宮へ来ても当日の体調不良や天候不良で行けなかったという話もあるほどです。

しかし、なかなか参拝できないからといって努力が足りない、感謝の気持ちがないというわけではありません。今が参拝のタイミングではないだけです。

パワーが強すぎる伊勢神宮では、タイミングを間違えると悪い影響を受けてしまう場合もあります。

神様に呼ばれるまでの準備期間だと考えて、日頃から伊勢神宮の知見を深めておきましょう。

伊勢神宮はいつ行くのがいい?

伊勢神宮に行くタイミングは以下の4つです。

  • 伊勢神宮に行きたくなったとき
  • 天気がいいとき
  • 伊勢神宮の話題が耳に入るようになったとき
  • 予定にはなかったのに伊勢神宮に参拝することになったとき

「突然伊勢神宮に行きたくなった」は、多くの方が「神様に呼ばれている」と表現しています。参拝時天気が急によくなるという話も神様に歓迎されている証として有名です。

また、「身の回りで伊勢神宮の話をよく聞く」というのも、神様が周囲の人の言葉を借りてメッセージを送っているのかもしれません。

神様に呼ばれているときにさっと行けるように、参拝時間をチェックしておきましょう。

参拝時間8:30~16:30

参考:伊勢神宮公式サイト|お知らせ

本来は1年を通して朝5時から、季節によって17時から19時の間まで参拝が可能ですが、2022年11月現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、参拝時間が変更されています。

年末年始は終日参拝が可能な日もありますが、上記と同じ理由で変更される可能性もあるため、伊勢神宮の公式サイトで事前の確認が必要です。

伊勢神宮でやってはいけないこととは

伊勢神宮でやってはいけないことは以下の4つです。

  • 伊勢神宮を理解せずに参拝する
  • 神社の御神木に触る
  • 写真撮影ばかりしている
  • 個人的な願いを最初に述べる

上記4つを人間相手に置き換えてみましょう。

  • どんな人が住んでいるのか知らずに家を訪れる
  • 客人が家にあるものを勝手に触る
  • 部屋の中を勝手に写真撮影してばかり
  • お願い事を一方的に言うだけで挨拶もない

人間相手でも、礼儀を欠いている行動ではないでしょうか。

伊勢神宮に限らず、神社は神様のおうちです。

伊勢神宮の公式サイトには、「参道の杉に竹が巻かれているのは、参拝の記念に杉の皮を持って帰られる方がいたため」という記述もありました。

※参考:伊勢神宮の「ギモン」と「ふしぎ」 |はじめての神宮

これは極端な話ではありますが、神様も参拝者も気持ちよくお参りするのが一番よい参拝方法です。

神様への敬意を持ち、おうちへお邪魔するという心持ちで礼儀を守って参拝しましょう。

不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人

小さい頃から神社は身近な存在でした。近所の寂れた神社で遊び、地区の小さな神社のお祭りを楽しみに幼少期を過ごしました。

神社やお寺、着付けにも興味を持つと、どんどん日本文化に惹かれていきました。社会人となってから集めた御朱印帳は4冊!全国の神社・仏閣を巡り、今も収集中です♪

転機が訪れたのはフランスへの留学。日本を外から見る機会に恵まれました。

着物や伝統工芸、所作や考え方など、自分の国のことをうまく伝えられないもどかしさ、無知な自分を恥じたことも多々あります。しかし、世界に誇れる日本文化はそれだけ奥深いのだと実感できました。

現在は日本文化の素晴らしさをたくさんの方にお伝えできるよう、ライターとして日々精進中です。

中村ことはをフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました