1. TOP
  2. 抹茶をいただく!抹茶茶碗のまわし方

抹茶をいただく!抹茶茶碗のまわし方

 2016/02/01 日本文化
  1,176 Views

お抹茶が出てくる喫茶店などで、 
「お抹茶って、クルクルと茶碗を回してからお茶を飲むのよね〜」
と言いながら、抹茶を召し上がっている方、よくいますよね。
茶道のお稽古をしていなくても、
抹茶は茶碗を回してから飲むということは、
みなさんご存知です。

茶道の点前は、お茶を点てる上で一番合理的な手順の積み重ね。
茶碗はまわすことにも、ちゃんと意味があるのです。
抹茶のいただき方、茶碗のまわし方、
その意味と合わせて覚えてください。

Sponsored Links

なぜ、茶碗をまわすのか?


茶碗を回すことにどんな意味があるのでしょうか?
その訳は、お茶碗の正面に口をつけないために
少しまわしてから、お茶を飲むのです。

お茶を出された際に自分に向いている所が正面です。
絵柄がついているお茶碗だと、
絵の中心が正面になります。


亭主は、お茶碗が一番よい姿に見える正面を
お客に向けて出します。

客は正面に敬意を払って、
そこを避けてから飲むのです。


「口紅などで、一番美しい正面を汚さないように」
という気持ちです。


ただし、「一番美しい姿の所でお茶をいただく」という考えで、

茶碗を回さずにそのまま飲む流儀もあるそうです。

 

どのくらい回すのか?

o0480052313382683723

正面を外せば、お茶碗のどこから飲んでもよいのでしょうか?
そういう訳でもなく、飲む場所にも決まりがあります。

出されたお茶碗を時計に見立てると、3時の位置。

ちょうど、90度時計回りの方向にまわした位置が理想です。

これにも理由があります。
薄茶では、一つのお茶碗で何服も立てることがあります。
もちろん、下がってきた茶碗を亭主がゆすいでから、
次の方のお茶を点てます。

茶碗をゆすいだ後、左手に茶碗を持ち、
建水に湯をこぼす際に、

正面から90度の位置から湯が流れ出すことになります。
つまり、飲み口の上をお湯が流れて、
清めることになるのです。

茶碗の口をつける位置というのは、
合理的な考えに基づいていえうのす。

茶碗を作る陶芸家も、正面と飲み口の位置を考えて
形を整えます。


つまり、一番飲みやすく作られた位置が、
正面から90度右側という
ことになっているはずなのです。

 

Sponsored Links

お抹茶のいただき方

薄茶を例にとり、お抹茶のいただき方を説明しましょう。

お茶が届いたら、
右側の方(自分より順番が前の方)との間にお茶碗を置き、
「お相伴します」
と挨拶します。

続いて、左側の方との間に茶碗を移して
「お先に頂戴します」
と一声かけます。

そして、茶碗を自分の正面膝前に置き、亭主に
「お点前頂戴します」
と挨拶します。

 

茶碗を右手で持ち上げ、左手の手のひらの上に置きます。
正面をずらすために、時計周りに2度、時計の3時の位置が
自分の正面に来るように右手で回します。
そのまま、口をつけて、お茶を飲みます。

最後にお茶碗を拝見するので、
お茶は残さずに、吸い切りましょう。

cc-library010009134

飲み終わったら、右手の人差し指と親指で
自分が口をつけたところ軽くなぞり
その指は懐紙でふきます。

先ほどと反対、反時計回りに右手で2度まわして、
正面を元の位置にもどします。

茶碗を畳の上において、お茶碗を拝見しましょう。
お茶は入っていませんから、多少持ち上げたり、
傾けたりしても大丈夫ですが、
万が一落としたら大事です。

茶碗を自分の目の位置に持ち上げるのではなく、
自分の身をかがめて、
なるべく低い位置で拝見しましょう。

拝見したら、茶碗を返します。
表千家では、大きく反時計周りに2度、180度まわして、
正面を反対側に向けてから畳の縁外に置きましょう。
(茶碗を回す方向は、流派によって異なります。)

お茶碗を回す理由は、みなさん、納得されましたか?
私も、子供の時に父に説明されて、
目から鱗だった記憶があります。

お点前・作法の一つ一つの意味を考えて、
お稽古に精進したいものですね。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

cc-library010009134

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!