1. TOP
  2. 日本文化
  3. 日本文化が人気の理由とは?おもてなしの精神がウケていた!

日本文化が人気の理由とは?おもてなしの精神がウケていた!

 2015/09/05 日本文化
  3,038 Views

京都・浅草といった観光地、銀座・新宿といった町を歩くと
多くの外国人観光客に出会います。
今や、様々な日本の文化が海外で紹介され、人気となっています。
この日本の文化で人気を得ているのは、
世界の言葉で放送されるアニメや漫画ですが、
おもてなしの精神も一役買っているのです。


日本文化の人気は幕末から!

madama-butterfly-590x360

江戸時代、200年以上にわたり鎖国をしていた日本。
日本の文化が海外へ紹介されるのは、長崎・出島を通じて
有田焼などが輸出される程度でした。

幕末、ペリーの来航を契機に日本と西欧諸国の貿易が拡大すると、
日本文化が高く評価され、大人気となりました。

中でも浮世絵は、たいへん人気となり、
モネ・ゴッホといった画家たちが競って収集しています。
また、ゴッホは油絵で花魁や歌川広重の風景図を模写しています。

ヨーロッパの芸術界では日本趣味「ジャポニスム」がブームとなり、
浮世絵の影響を受けた大胆な構図の絵画などが描かれていきました。

音楽の世界でも日本の文化の影響が広がり、
オペラ「蝶々夫人」は日本の芸者が主人公ですし、
オペレッタ「ミカド」は、そもそも日本を思わせる国が舞台で、
「ミーヤサン♪ミーヤサン♪」と歌う劇中歌は、
日本人なら聞き覚えがある「宮さん宮さん」(トンヤラ節)が
ベースになっています。

パリ万博ですでに「おもてなし」が話題に?

2c592f4e

日本の文化の人気がヨーロッパで広がった背景に万博がありました。

日本も、1867年パリ万博に初めて参加し、
パビリオンとして「茶屋」を出展しました。
そこに柳橋の3人の芸者が「コンパニオン」として
詰めていました。

それぞれの名前は、「おさと」「おかね」「おすみ」。
髪は桃割れ、友禅縮緬の振袖に丸帯を締めた艶やかな芸者姿で、
長い煙管で煙草盆の火をつけて煙草を吸ったり 
日本酒の酌をしたりお茶を提供したりしていたそうです。

この芸者3人の「おもてなし」が話題を呼び、
日本のパビリオンはパリ万博でも最も人気の高いものの
ひとつとなりました。

評価されるのは、なにげない「おもてなし」

さて、現在、インターネットを通じて
アニメや漫画といった日本の文化が世界中に発信され、
多くの外国人観光客が興味をもって日本を訪れるようになりました。

「爆買」ショッピングや名所旧跡観光が目的の方が多いようですが、
日本でうけた「おもてなし」が心に残ることがあるようです。

どんな「おもてなし」がうけているのでしょうか?

まず、第一にあげられるのは「丁寧な挨拶」。
店に入れば「いらっしゃいませ」
出る時も「ありがとうございました」
丁寧に頭を下げられることの評価が高いようです。
旅館を出発する時など「見えなくなえるまで送ってくれた」
という点もサプライズとして喜ばれているようです。

他にも、清潔なトイレ、時刻通りに到着する電車、
自動的に開くタクシーの扉・・など、
「接客するならそれぐらい当然」と私たちが考えていることが、
高く評価されているようですね。

本当のおもてなしは思いやり

a1180_016446

ただし、日本でのサービスが「マニュアル化」されすぎて、
画一的という意見もあるようです。

何度も日本に来ている外国人に対しても、
初めて日本に来た人と同じく、
旅館での靴の脱ぎ方や電車の乗り方を教えていて、
相手の方はちょっとうんざり顔をしていたり・・・

また、そもそも外国語ができないため、
何か話しかけられると逃げてしまう店員さんみかけますよね。

おもてなしの基本は思いやり。
「この人は、何度も日本に来てる?」など
相手の方の好みや様子を見て、
臨機応変に対応を変えられるようになれば、
誰が訪ねてきても自信をもって、おもてなしができますね!



不要な着物を高価買取♪

お家に不要な着物はありませんか?

※実は着物を売った人の実に90%以上の人が
タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。

そんなあなたには着物を高価買取してくれる
『着物のスピード買取』がオススメです。

着物買取プレミアムなら、

・自宅まで無料で出張査定・買取
・帯・帯締め・草履・小物も買取OK
・業界内トップシェア級で信頼できる
・電話対応で面倒な入力必要なし

など着物を処分したい方にはぴったりです。

また今は世界的に日本文化が人気で
着物の需要が
高まっているので
高価買取が期待できます。

⇒着物のスピード買取で買取価格を確認する

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


一日一禅(メールマガジン・週刊) あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

関連記事

  • お茶の製法!違いはどこにある?

  • 茶道の先生に送る年賀状の文面は?

  • お茶の産地ランキング!特徴は

  • 茶道で婚活できる?セレブへの道!

  • 華道と茶道の心得は?習うならどっちが良い?

  • 茶道資料館へのアクセス!駐車場はある?