1. TOP
  2. 日本文化
  3. 茶道の先生に送る年賀状の文面は?

茶道の先生に送る年賀状の文面は?

 2015/09/24 日本文化
  14,652 Views

来年の年賀状のことをそろそろ考え始める時期になりました。
お世話になった茶道の先生に年賀状を書かなくては!

でも親戚や会社向けに送る年賀状と同じでいいのかなあ、と疑問に思った人。
そうです、茶道をせっかく習い始めたのならきちんと
礼儀にのっとった心のこもった年賀状を先生に送りましょう。


茶道の先生に送る年賀状の文面

まず、手書きにこだわりましょう
うまいへた、ではなく一字一字丁寧に書くことが重要です。
まずは一般的な文面から。

明けましておめでとうございます
旧年中は何かとご指導を賜りありがとうございました。
○○で詳しくご教授いただいたことは新年からの
お稽古にいかしていきたいと考えております。
本年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

6530882_624[1]

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
昨年中は大変お世話になり、一年間ありがとうございました。
今年も技術、精神両面の向上を目指して頑張りたいと考えております。
何卒、よろしくご指導の程お願いいたします。
先生にとって幸多き年となりますようお祈り申
し上げます。
 

一般的なビジネス向けの年賀状の文とそれほど変わりませんが、
要は自分の思いを自分の言葉で伝えるようにした方が良いですね。

先生との距離感によっても変わりますが、
○○の時のお茶事では冷や汗をかきました、など、
先生にしかわからないエピソードなどを入れても、尊敬と親しみの
こもった文面になると思います。

年明けの茶事やお稽古に対する抱負などを交えても
とてもいいと思います。

 

茶道の先生への年賀状、宛名は「様」?「先生」?

一弟子として先生に送る年賀状ですから、宛名は先生で大丈夫です
例えば20~30代の生徒が高齢の先生に年賀状を出すのなら、
当然宛名は先生で書いて全く問題ありません。

ところが先生との年齢が近い時や、あるいは
先生の方が自分より若い時
事実上、先生なのですから宛名を先生にして
間違いではありません。
が、実際先生の方ではちょっと困ったな・・
と思う方もいるようなのです。

216716833_624[1]

しかし、そこはブレてはいけません。
年下であろうと、同年齢であろうと、
茶道の師
そういう気持ちこそが最も大切です。
先生には先生と堂々と書きましょう!

 

茶道の先生にお礼状を書く時には?

年賀状を書く季節、年末はお歳暮の季節でもあります。
お歳暮を先生にお持ちする時、あるいは遠方で
送らなければいけない時には、お礼状を添えます
年末も近いということを考慮した文面にしましょう。
 

謹啓

年の瀬もいよいよ押し詰まり、何かとご多忙の日々を
お過ごしのことと存じます。
日頃は、多大なるご配慮にあずかり、心より御礼申し上げます。
つきましては、本年の感謝の気持ちを込めまして、心ばかりの品を
別便にてお送りいたしましたので、ご笑納いただければ幸に存じます。
ご家族の皆様おそろいで幸多き新年を迎えられますよう
お祈り申し上げますとともに、来年も変わらぬご指導の程、
宜しくお願い申し上げます。
略儀ながら、書中をもちまして歳末のご挨拶申し上げます。
 

先生から何かを頂いたりした場合も、すぐにお礼状を送りましょう

例えば
・・・さて、この度は温かい励ましのお言葉に添えて、
結構な品を頂戴しまして誠にありがとうございます。
私が今年一年大過なく過ごすことができましたのも先生の
お陰と心より感謝しております。
来る年もご指導を賜りますようお願い申し上げます。
甚だ略儀ながら、書中をもちましてお礼を申し上げます。
 

 

年賀状もお礼状も、敬語を正しく使うこと
季節の挨拶文を入れることをきちんと押さえておくことが重要ですね。
社会人のマナーとしてもこういった文章に慣れておくことは必須です。
臆せず、先生に気持ちを込めて年賀状を送りましょう!



不要な着物を高価買取♪

お家に不要な着物はありませんか?

※実は着物を売った人の実に90%以上の人が
タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。

そんなあなたには着物を高価買取してくれる
『着物のスピード買取』がオススメです。

着物買取プレミアムなら、

・自宅まで無料で出張査定・買取
・帯・帯締め・草履・小物も買取OK
・業界内トップシェア級で信頼できる
・電話対応で面倒な入力必要なし

など着物を処分したい方にはぴったりです。

また今は世界的に日本文化が人気で
着物の需要が
高まっているので
高価買取が期待できます。

⇒着物のスピード買取で買取価格を確認する

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!


一日一禅(メールマガジン・週刊) あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

関連記事

  • 茶道資料館へのアクセス!駐車場はある?

  • しびれない!正しい正座の仕方は?

  • 訪問先の挨拶マナーとは?日本文化から学ぶ

  • 喜ばれるお歳暮は何?ランキングで紹介!

  • お茶の製法!違いはどこにある?

  • コーヒーvsお茶を徹底的に比較!健康に良いのは?