1. TOP
  2. 着物の種類は季節によって違う?名前を紹介!
Sponsored Links

着物の種類は季節によって違う?名前を紹介!

 2015/11/09 着物
  1,657 Views

そろそろ制服は衣替えの季節を迎えます。
涼しげな夏服から生地もしっかりした冬服へ。

実は着物にも季節によって種類の違いがあります
真夏に涼しげな着物姿の人を見かけませんでしたか?
夏はたしかに着物は暑いですが、きちんと夏仕様になっています。

これからの季節は着物を着ても温かで、様々なシーンに合わせて
着物のおしゃれを楽しめます。
秋から冬のイベントやパーティが増えるーズン、
TPOに応じた着物を着るために
押さえておきたい着物の基本知識を紹介しましょう。

Sponsored Links

季節による着物の種類は


大きく分けて、着物は6月から9月に使う単衣(ひとえ)と、
10月から5月に使う袷(あわせ)の二種類あります。

盛夏の7、8月だけは薄物(うすもの)という透ける素材の
生地の着物になります。
 

  • 単衣(6月~9月)

盛夏以外の夏には単衣(ひとえ)を用い、
帯揚げや帯締めも夏用のものを使うのです。

Kimono_lady_at_Gion,_Kyoto[1]

単衣は透けない生地で、裏地をつけずに一枚で仕立てた着物です。
帯や、帯締め、帯揚げは6月には絽や紗の夏用の帯を用い、
9月には袷(あわせ)の帯を用います。

長襦袢と半襟には楊柳(ようりゅう)や絽などの
涼しげな生地のものを合わせます。

  • 薄物(7月と8月)

薄物(うすもの)絽(ろ)や紗(しゃ)
といった盛夏用の透ける生地で、
裏地をつけずに仕立てたものになります。

Traditional_kimono[1]

も着物に合わせて、絽や紗の夏用のものを締め、
帯揚げや帯締めも夏用のものを合わせます。
長襦袢と半襟は絽を合わせます。
長襦袢は白を選び、涼しげな透け感が夏らしさを表します。

  • 袷(10月~5月)

袷(あわせ)は透けない生地に裏地をつけて仕立てた着物です。
 帯・帯締め・帯揚げも袷を用います。

南進一郎氏の過去の受賞作品で、友禅染めでの着物作品3[1]

茶会では染めの着物に織りの帯を合わせるのが通常です。
長襦袢は白か淡い色の綸子(りんず)のものを用い、
白の半襟には塩瀬(しおぜ)や縮緬(ちりめん)を縫い付けます。

 

男性の着物、袴にも種類があります

男性も女性も、着物には季節によって種類があります。
さらに、着物の格を間違えないようにしなくてはなりません。
男性は袴を変えることも重要ポイントです。

結婚式で花婿や親族が着るのは
黒羽二重五つ紋付き(くろはぶたえいつつもんつき)。

a0006_001907

袴には縞袴と無地袴がありますが、結婚式では縞袴が多いです。

しかし、訪問着として着物を使う場合は、
無地の方がお茶会や結婚式に招待された時などに広く使えて便利です。

茶道の茶会などでの男性の着物は、
色無地の着物に染め抜きの紋を入れ、
袴は「仙台平」の縦柄の袴が正式な茶会の装いです

0402006022837_m[1]

仙台平はとても丈夫でしわになりにくく、
美しい絹の光沢と感触が良いことで知られる、
現在では生産量が少ない重要無形文化財なのです。

現在の袴は米沢平、五泉平などが主流なようです。

Sponsored Links

着物をもっと気軽に着てみましょう

 私の知人に、普段から着物を着て生活をしている人がいます。
子どもと出かける時も、買い物へも。
もともと和服を着るお仕事をされていたので、
洋服よりも着物の方がなじみがあって落ち着くんだそうです。

はい、確かにうちの界隈ではかなり目立ってます。
でも、
季節によって着物や帯の柄や色使いを変えたり
持ち物にも季節感を出していて、洋服以上に四季を
取り入れた装いが美しく素敵なのです。

1072-4[1]

正絹の着物ではなくても、ちょっとしたランチやコンサートに
着物ででかける人も増えていますね。

ファッションの一つとして和装の敷居が
良い意味で低くなっているのは、とても喜ばしいことです。

着物の種類や格式などを知っておけばさらに
和文化への興味が深まることでしょう。
最近ぐんと増えた来日外国人にも日本のキモノを紹介するチャンスですね。
より詳しく着物について知りたい方は、和美×茶比のサイトで
たくさん紹介されていますので、是非参考にしてみてくださいね。
着物

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ
家・土地を売った人の実に80%以上の人

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる


Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊) あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※