1. TOP
  2. 茶道の初釜!お礼の金額はいくら?

茶道の初釜!お礼の金額はいくら?

 2015/12/21 茶会
  4,925 Views

新年が明けたら楽しみな初釜です。
来春初めて初釜に行かれる方にはとても気になること、
初釜にかかるお礼や、初釜全般のマナーについても紹介します。

 

Sponsored Links

 

内容によってお礼の金額は変わる!

先生のお考えや、教室ごとの決まりによって金額は違いますが、
一般的に懐石のある初釜の平均的なお礼の金額
ひとり当たり5000円から1,2万円とみておいてよいでしょう。

会費として○○円、と決められている場合もあります
o0550036512366471379[1]

懐石を省略して、濃茶・薄茶のみの初釜もお教室によってはあります。
これもそれぞれの社中によって違いますが
通常のお稽古代の1~2カ月分、あるいはお祝いということで

生徒全員で5000円から一万円を
まとめてお渡しすることが多いようです

いずれにしても他のお弟子さんもいることを忘れずに!
どうすれば良いのか、慣例としてる金額があるのかなど、
周りの方に聞いてみることが必須です。

一人だけ良かれと思ってやったことが
先輩に恥をかかせたりすることもあります。

 

お年賀ののし袋の書き方は?

現金をお渡しする時は祝水引ののし袋を使います。
赤色と金色または銀色の5本か7本の水引が用いられていて、
中央の結び目は「花結び」とよばれる蝶結びになっています

表書きは墨を使って、楷書体で書くのが基本です。
16-02[1]

献辞(上書き)は水引中央結び目の上に
「御年賀」と書き、名前書きは水引中央結び目の下に
献辞よりやや小さめにしてフルネーム
または連名で書き入れます。
連名の場合には、名前書きを○○一同にします。

 

茶道の初釜といえば着物!マナーは?

これが意外に難しいのです。
若い方が先生と相談の上、振袖を着て行って
その華やかさに皆さんが喜んでいた、
と思いきやいくらなんで振袖なの?と言われていたり・・

無難に色無地で行ったら、周りの方は
華やかな訪問着だったとか・・

社中の雰囲気と先生のお考えによりますから、
お礼やお年賀同様、着物についても必ず
周りの人に相談してみてください

P1000971_convert_20110118122538[1]
初釜ですから、すこし色合いが明るい訪問着が良いと思います。

先生が大変な準備をなさり、初釜を迎えることができたという
気持ちにお応えする装いというのも必要です。

初釜での着物についてなどはこちらでも紹介されていますので、
是非ご覧になってくださいね。

初釜とお正月に用いる飾り物をご紹介します!

初釜に関する記事はこちらの和美×茶比のサイトにもあります。
和美×茶比
初釜でのあいさつに適した言葉を紹介!

 

Sponsored Links

 

初釜に手土産は必要?

絶対必要なものではありません
ただお年賀とは別に、何か手土産をお渡ししたい
ということもあると思います。

手土産持参の際、気をつけなければいけないことがあります

初釜の当日に忙しくしていらっしゃる先生に
手土産を渡す時間を取らせてしまう方が
御迷惑になりかねません

初釜の前の年内の最終稽古日や、初釜の日の前に、
ご挨拶をしに行く時に手土産を渡す方が、
こちらの気持ちも伝わって良いと思います。

17726[1]

それぞれの社中の色というものがあるでしょうから、
きっちりと形式に則り、着物を着て前もってのご挨拶に
手土産を持って行く場合もあります。

 

 お礼状は書いた方がいい?

お礼状は必ず書きましょう!
初釜に限らずお茶事やお茶会に招かれたら、
なるべく早いうちに手書きでお礼を送ります。
メールではダメなのです。

一字一句にこころを込めてお礼状を書くことに意義があります

img_0[1]

文面もかた苦しく考える必要はありません。
初釜の感想を素直に述べたら、先生もきっと喜びます。
一般的な手紙の書き方にそって、できれば毛筆で、

「普段のお稽古とは違う雰囲気で学ばせていただきました」

「緊張しましたが、華やかなお席で楽しませていだたき
深く感謝いたします」

などと感想を書き、最後には今後の稽古への抱負を述べれば良いでしょう

こちらではお礼状について紹介していますので参考にしてください。
茶道の先生に送る年賀状の文面は?

和美×茶比のサイトにも初釜の作法が紹介されています。
茶道のお茶会の作法とは?お呼ばれ編

初釜はお道具や床も華やかな上に、
子ども達がいたりして、
とても明るい雰囲気に終始するので
毎年楽しみです。初めてのことは緊張しがちですが、
周りの皆さんと一緒に楽しんでくださいね。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※


 

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

a0001_015582

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!