1. TOP
  2. 茶道の抹茶の種類は?

茶道の抹茶の種類は?

 2015/08/19 抹茶 点て方
  1,536 Views

最近のカフェでは、コーヒーは、
「エスプレッソ」「アメリカン」「カフェラテ」など種類があるのに、
「抹茶」というメニューは1種類しかありませんね。
実は、抹茶も点て方によって「薄茶」「濃茶」の二種類があるのです。
どのような違いがあるのでしょうか?

Sponsored Links

 

そもそも抹茶とは?

mattya

抹茶は緑茶の一種で、蒸してから乾燥させた緑茶を挽いて
粉末にしたものです。
煎茶は、茶葉を湯に浸して成分を抽出したものですが、
抹茶は、湯を加えて撹拌して茶葉ごといただきます。

抹茶を製造する際は、渋みを抑え香りをよくするために、
収穫の20日以上前から茶園全体を覆って日光を遮ります。
収穫した茶葉は、高温で蒸した後に乾燥させます。
その後、葉を砕いて葉脈や茎を取り除き、
臼で引いて粉末にすると抹茶が完成します。

冷蔵庫が一般化するようになるまでは、
新茶の葉は紙袋に入れ、
さらに茶壺に入れて封印して保管し、
お茶を点てる直前に挽いて使いました。
11月の炉開きに茶壺を開き、新しいお茶を頂くことが、
今でも茶道の世界で年中行事になっています。

 

Sponsored Links

 

 

濃茶と薄茶の違いは何?

濃茶と薄茶は抹茶を使うことに変わりはなく、
その違いは一人分の茶の分量と点て方です。

茶杓3杯(3~4g)分の抹茶を1人分として、
たっぷりの抹茶に少量の湯を注ぎ、茶筅で練ったものが濃茶です。

一方、薄茶は茶杓1杯半(1~2g)分の抹茶を1人分として、
柄杓半杯のお湯を注いで茶筅で撹拌したものです。

濃茶がドロリと粘りがあるのに対し、薄茶はサラリとしています。

 

濃茶の練り方と頂き方

koitya

濃茶は「点てる」と言わずに「練る」と言います。
濃茶は、3-4人程度で回し飲みをしますので、
たっぷりのお茶を使って練ることになります。
まず、人数分の量のお茶を茶碗に入れてから、
湯を適量注いで、茶筅で湯と茶を練りあわせます。

この湯を「適量」注ぐのが難しく、少ないと茶筅に茶がこびりつき
多いと湯と茶がうまく混ざり合いません。
私は、先生から、
「親指の先くらい、お茶にお湯がかからない部分が残る程度に注ぐ」
と教わりました。
おそらく、各流派・先生毎に教えがあることと思います。

茶と湯が滑らかに混ざりあったところで、
飲みやすい濃さになるように、湯を足してさらに練り上げます。

濃茶は正客から回し飲みをしていきます。
一人分は「三口半」と言われていますので、その分量を飲むと、
次の客に回していきます。
廻しのみですので、飲み終わった後飲み口を清めたり、
前の人と違うところで飲むなど「清潔」には配慮されていますが、
その方法は流派によって異なります。

 

薄茶の点て方

20100403130842

20100403130842

薄茶は基本は回し飲みせず、一杯で一人分を点てることになります。
茶杓1杯半の抹茶を茶碗に入れ、柄杓半分の量のお湯を注いで、
茶筅で撹拌します。

裏千家は、泡がこんもりとたつように、
表千家は、泡は表面の7-8割程度で「池」ができるように・・と、
流派によって撹拌の方法は異なります。

 

濃茶に使う抹茶、薄茶に使う抹茶

濃茶は、色も味も濃厚になるので、上品な香りでまろやかな
よい品質のものを選ぶ方がよいでしょう。

昔、茶壷の中に詰める際には、
紙袋に入れた幾種類かの濃茶用のよいお茶を中心に入れた後、
その周りの空間に薄茶用の物を詰めており、
当初から濃茶と薄茶を分けていました。

現在は、薄茶用か濃茶用かは、茶の名称で判断できます。
濃茶用には、「●●の昔」という銘のものが使われます。
「昔」は、「廿日」(=20日)の文字を合わせたもので、
最上級の茶の初摘みの日である、旧暦の3月20日に
ちなむのだそうです。

濃茶の「昔」に対して、薄茶は「白」の銘が付いています。
江戸時代初期に、「茶を白く」ともとめられた時期があり、
後世、それを濃茶と薄茶の差に置き換えた言われています。

 

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

 

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

mattya

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!