1. TOP
  2. 茶道
  3. 抹茶 点て方
  4. 抹茶のおいしい入れ方を簡単に!初心者でもできる方法とは?
Sponsored Links

抹茶のおいしい入れ方を簡単に!初心者でもできる方法とは?

 2015/09/07 抹茶 点て方
  9,306 Views

抹茶を入れるって、実はとても簡単
一回分の量は少ないので、何度も入れていくうちにだんだんとコツもわかり、
おいしい抹茶を自分で飲めるようになります。
茶道を習っていなくても、まだ習い始め人も、
ここで抹茶のおいしい入れ方を覚えてみてくださいね。

Sponsored Links

 

抹茶のとっても簡単な入れ方は?

お湯を沸かす抹茶を抹茶茶碗にすくって入れる
お湯を注ぐ→茶筅で混ぜる

基本的にはこれだけです。
お湯はポットでもやかんでももちろん大丈夫。自宅で行う場合は
鉄瓶でお湯をわかすと、まろやかな味になるのでおすすめです。

images[3]
抹茶茶碗に抹茶を入れるには、できれば茶杓を使って、山盛り1杯と半分
茶杓がなければ茶匙やスプーンも使えます。

他のもので代用できないのが茶筅。抹茶をおいしく点てるには
茶筅だけは絶対必要になります。その茶筅は竹でできているので、
最初にお湯を入れた茶碗に入れて温めてしなりを良くしておいた方がいいですよ。

Three_piece_matcha_set[1]

朝まっちゃセットには、抹茶を飲むための全ての道具と抹茶
も入っていますから、とても気軽に始められます。
また、和美×茶比のサイトで、茶筅と茶杓などは初心者セットとしても販売されています。

茶筅・茶筅直し・竹茶杓の3点セット

必要最低限の抹茶の道具についての記事は同じく和美×茶比のサイトで
紹介されていますので、是非ご覧になってください

茶道で抹茶を点てる道具には何が必要?

 

茶道での抹茶の点てかたは?

茶道では抹茶を点てる、といいます。
使う道具が増えることと(建水、服紗、茶巾絞り、棗、柄杓)
飲む前に道具を清めるという動作が加わっています。
一連の動きをざっくり紹介すると、

  1. 建水(茶碗をすすいだお湯を捨てるもの)を置く
  2. 服紗さばきをして(抹茶を入れておく容器)と茶杓を拭く
  3. 釜から柄杓でお湯を汲み、茶碗に入れ、茶筅通しをする
  4. お湯を建水に捨て、茶巾で茶碗を拭く
  5. 棗から抹茶をすくい、茶碗に入れる
  6. 釜から柄杓でお湯をすくって茶碗に静かに入れる。
  7. 茶筅を振り動かし、抹茶をまぜる(流派によって点て方の違いがあります)
  8. 茶碗を正面を向けてお客に出す

afbd16249d94dc97c2d82a072561abc8[1]

なんだかたくさんあって覚えきれないって?
それはそう、一度や二度で覚えきるものではありません。
でも回を重ねるごとに、ちょうどいい点てかた、
無駄のない動きが身に付いてきます。

こちらの和美×茶比の記事でも詳しく紹介されていますから、是非ご参考にしてくださいね。

知ってると役に立つ!茶道の飲み方の作法を紹介!画像あり

Sponsored Links

 

抹茶をおいしく飲むためのお湯と抹茶の適量は?

茶道では釜から柄杓でお湯をすくうので、この量と同じくらいを
ポットから入れれば良いわけですが・・

茶道では柄杓の半分くらいまで量が一杯分ですので、
だいたい50cc~70ccくらいでしょう。

自宅でお湯を入れる時は一度沸騰させたお湯を違う茶碗に
入れて80度くらいまで下げて注ぎます。

抹茶は茶杓に1杯半
だいたい1.5~2グラムといったところでしょうか。

その1杯を山盛り、あるいは控え目な山盛り?に
するかはそれぞれの好みです。
その時の気候や気分、体調によって変えると、味の違いがわかります。

85cd35bd67e5c56aef27ce486910318b[1]
抹茶は茶を石臼で細かく挽いた粉末状です。
湿気を帯びていると粉末が固まったり、うまく
すくえなかったりするだけでなく、風味が落ちてしまうので、
保管方法には気を使いましょう

しっかり密封の上、冷蔵庫に。なるべく早く飲みきった方がいいですよ。


実は柄杓は季節によって大きさが若干違います
寒い季節は大ぶりの茶杓、暑い季節は小さめの茶杓を使うので、
厳密に言うとお湯の量は違います。

さまざまな柄杓について詳しく知りたい方は、こちらのサイトの記事が参考になると思いますよ。
和美×茶比
柄杓の違いについてご紹介!炉用・風炉用・兼用

抹茶の詳しい話や保管方法などについてはこちらも是非お読みください。
抹茶

まとめ

ではおさらいを。
お湯を沸かしましたか?沸騰したら一度ふだん使いの
茶碗などに入れてください。

他の記事でお湯の温度や量についても紹介していますから参考にしてくださいね。

抹茶茶碗に茶杓で1杯半の抹茶を入れ、80度くらいに冷ました
お湯を静かにいれ、茶筅で一気にシャカシャカと抹茶を混ぜてください。

yjimage[3]
泡立てるのもよし、控え目にするのもよし、茶筅を置いて、
さあ召し上がれ。
いかがですか?自分で点てた抹茶、美味しいですか?
イマイチ?じゃあ、もう一度始めから!

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ
家・土地を売った人の実に80%以上の人

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる


Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊) あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※