1. TOP
  2. 便秘解消にはお茶が良い?抹茶がもたらす効能とは?

便秘解消にはお茶が良い?抹茶がもたらす効能とは?

 2015/09/19 抹茶 効能
  1,567 Views

なかなか口には出しにくいですが、女性で便秘に悩んでる方、
結構、いらっしゃいますよね?
お腹がポッコリ出てくるし、
吹き出や肌荒れも引き起こす、
厄介な便秘。

薬で解決しようとすると、効果がありすぎて腹痛に・・
なんて経験もありませんか?

日々の生活習慣を変えて、自然と解消させたい・・
というのがみんな共通の希望ですね。
実は、抹茶は便秘に効果があるのです。

Sponsored Links

そもそも、なぜ便秘になるの?

NKJ56_agonihijiwo_TP_V

便秘の原因は人それぞれ違いますが、
生活のリズムが崩れると便秘の症状が
現れやすくなります。

旅行に行って、生活リズムが変わると便秘になる・・
という方も多いですよね。

便秘で悩む女性が多いのも理由があるのです。
女性は男性よりも骨盤が広く、腸が骨盤内に落ち込んで、

たるむような形になるので、便が大腸に留まる時間が長くなります。
この間に便が硬くなり、排出しづらくなってしまうようです。

また、女性のほうが筋力が弱いために

便を排出する力が弱いことも影響しているようです。

 

便秘を改善するには何が必要?

便秘に効果がある成分は、まずは、食物繊維です。
食物繊維は腸の動きを活発化させる効果があります。

食物繊維は、人間の体内で消化することが出来ない成分です。
そのため、食物繊維をとると、便の量が増えて、
便が出やすい状態にします。

 

食物繊維で腸内環境も改善

食物繊維には、大腸菌、黄色ブドウ球菌などの、
腸内の悪い菌を減らして
一方で、ビフィズス菌、乳酸菌などの
良い菌を増やす働きがあります。

腸の動きを活発にするだけでなく、
腸内環境をよくしてくれる働きがあるので、
食物繊維は、便秘改善にもたいへん役立つのです。

 

抹茶は食物繊維が豊富!

tyabatake

抹茶は柔らかい葉から作るため、煎茶と比較して、

含まれる食物繊維の量は低いのですが、
茶葉をまるごと飲むので、
1杯あたりの食物繊維量は圧倒的に多くなります。

他の食品とも比較してみましょう。
抹茶100g当りの食物繊維の含有量は38.5g。
これに匹敵するのが、
乾燥したきくらげ57.4g、
乾燥したあおのり38.5g
です。

但し、乾物は水にもどしてから食べるので、
実際はそんなにたくさんの量は食べられませんよね。
お抹茶はお湯を注いでそのまま飲むので、
気軽にたくさんの食物繊維が取れるのです。

Sponsored Links

カテキンの殺菌作用も効果的

抹茶にはカテキンという成分も含まれています。
カテキンは、便の量も増やしてくれる上、
便のニオイを消す作用があります。

また、カテキンには殺菌作用があり、
腸内の悪い菌を退治する効果もあるのです。
食物繊維と一緒に働いて、腸内で環境を
整備してくれるのです。

 

抹茶は便秘に効果的!

matya4

抹茶は食物繊維が豊富な上、
さらに腸内環境を整えるカテキンも含まれるので、
便秘に効果的なことはよくわかりましたね!

おなかの調子を整える為に、朝一杯の野菜ジュースの代わりに

朝一服の抹茶に切り替えてみてはいかでしょう?

 

便秘改善は規則正しい生活から

E146_jyunnbiundousuru_TP_V

抹茶の効果があるからといって、抹茶をがぶがぶ飲めば、
すぐに便秘が改善するかというと・・・
そういうものではありませんよね。

不規則な生活が便秘の大きな原因。
まずは、睡眠をしっかりとって、
規則正しい生活を心掛けましょう。

毎日の適度な運動も大切です。
通勤時のあるく距離を伸ばしてみたり、
便秘に効果のある体操も様々あるようですから、
試してみてもいかがでしょうか?

普段の食生活でも、フルーツやキノコなど
食物繊維が多いものをしっかり食べて
さらには、腸内の良い菌を増やすように、
ヨーグルトなども取りましょう。

その上で、抹茶を日常的に飲めば、
きっと便秘は良くなってきますよ!

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

matya4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!