1. TOP
  2. 茶道
  3. 茶道 歴史
  4. おもてなしの意味とその語源は?
Sponsored Links

おもてなしの意味とその語源は?

茶道 歴史
  8,162 Views

東京オリンピックの誘致の演説で注目を浴びて以来、
外国からのお客様をどのように「おもてなし」するべきか・・
という話題が尽きることはありませんね。

その「おもてなし」という言葉の意味、
きちんと考えてみたことはありますか?

Sponsored Links

 

おもてなしの語源

2お辞儀
おもてなしは、「もてなす」の名詞形「もてなし」に

接頭語の「お」がついたものです。

「もてなす」は、更に「もて」と「なす」に分解できます。

なす(成す)は「する」「事をし遂げる」という意味です。

接頭語の「もて」が付く言葉は、
他に「もてさわぐ」、「もてあつかう」などがあります。
この場合の「もて」は、「意識的に行う」という意味を添えています。

つまり、「もてなす」は「意識的に」+「する」という意味をなすのです。

 

おもてなしの意味

さて、改めて「おもてなし」の意味を確認してみましょう。

「デジタル大辞泉」には、次の4つの意味が掲載されていました。

1 客への対応のしかた。待遇。
2 食事や茶菓のごちそう。饗応。
3 身に備わったものごし。身のこなし。
4 とりはからい。処置。取り扱い。

現在、一般的に「おもてなし」と言うときは、
1のお客様へ対応という意味と
2のご馳走の意味で使うことが多いようですね。

Sponsored Links

二つの種類のおもてなし

改めて、おもてなしの意味
1. お客様への対応のしかた

2.食事や茶菓のご馳走
について考えてみたいと思います。

同じような意味に見えますが、
1の場合は日常の心をこめたおもてなし。
2の場合は、非日常の特別なご馳走
というニュアンスを含んでいると感じます。

それぞれ、どんなものなのでしょう?

 

利休が目指した日常のおもてなし

rikyu10

茶道の目指す「おもてなし」の心を表現したものに
「利休七則」があります。
 
 茶は服のよきように点て、
 炭は湯に沸くように置き、
 冬は暖に夏は涼しく、
 花は野の花のように生け、
 刻限は早めに、
 降らずとも雨の用意、
 相客に心せよ

というもの。

まとめて言うと、客を迎える上で、当たり前のことを、
丁寧にきちんと実行しましょう。
という内容です。

利休の目指した茶道は、客を「神様」のように扱って
「もてなす」のではありません。

客も亭主も対等な関係で、共によい茶会のひと時を
作りあげようというものでした。

利休が生きた時代は、実力が物をいう下剋上の時代。
そういう時代だからこそ、「客も亭主も平等に」という考えが
受け入れられたのでしょう。

 

江戸時代以降は、饗応の「おもてなし」に

下克上の時代が終わり、江戸時代に入ると
「身分」が固定されるようになります。

そして、時代に合わせて、茶道の「おもてなしも」
身分の上の方が楽しんでいただくための「饗応」へと
変化してきたのです。

茶室は、亭主と少人数の客で緊張した空気を生み出す小間から
殿さまとお連れの人も加わった大勢の客を饗応するのに適した
広間が好まれるようになりました。

そして、室町時代から珍重された、
伝統的な価値に基づく「お宝」を
特別に披露する場になりました。

221021_01

実際、将軍の大名家への訪問「おなり」の場合は、
茶道の準備だけに留まらず
庭園を整備したり、建物も特別に建築したりと
何年もかけて、非日常の空間を作り上げたのでした。

 

どちらの「おもてなし」を目指しますか?

茶道

さて、現代の「おもてなし」に目を向けてみましょう。

非日常の饗応の「おもてなし」は、
夢のようなテーマパークや豪華なホテルの宿泊など
少しお金を出せば、誰もが楽しめるようになりました。

そんな時代だからこそ、利休が目指したような
日常の「おもてなし」が重視されてくるのではないかと思います。
日々の暮らしの中で、人を迎える時に
当たり前のことが、きちんとできているか?
自分自身に、改めて問い直してみたいと思います。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ
家・土地を売った人の実に80%以上の人

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる


Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊) あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※