1. TOP
  2. 信楽焼のたぬきってどんな意味があるの?

信楽焼のたぬきってどんな意味があるの?

 2015/11/26 焼物辞典
  7,507 Views

突然ですが、皆さん、コレクションしているものはありますか?
実は、私は招き猫を集めています。
すでに100匹近くも(笑)、集めてしまいました。

というのも、招き猫は、陶器・木彫・張子と素材も様々。
その上、色使い、手のあげ方など様々なバリエーションがあるので、
集め出すとキリがないのです。

一方、同じ縁起物として有名な「たぬき」の置物は、
産地は信楽、スタイルも色もほぼ一通りです。
さて、この信楽焼のたぬきには、どんな意味があるのでしょうか?

Sponsored Links

 

「たぬき」はなぜ縁起もの?

500_10953889

信楽焼のたぬきは、縁起物として喜ばれ、
入り口でお客様を迎えるように置かれていますね。
これは、「たぬき」が「他を抜く」と洒落て、
「商売繁盛」を祈願して置かれているのです

時には、「不苦労」と洒落て、「ふくろう」と並んで
置いてあるお店もありますね。

さて、そんなたぬき、なぜ、信楽のものが有名なのでしょう?

 

信楽のたぬきを有名にしたのは天皇陛下だった!

img_1

編み笠を被って少し首をかしげ、右手に徳利、
左手に大福帳を持った愛らしい信楽焼のたぬき。
日本国内、どこに行っても、
店先に立っている姿をよく見かけますね。

実は、このたぬきを全国的に有名にしたのは
昭和天皇なのです。

昭和26年、天皇が信楽を行幸された際、
日の丸の旗を持ったタヌキを沿道に並べて歓迎しました。
この光景をご覧になった、昭和天皇は感激し、
歌を詠まれました。

をさなきとき あつめしからに なつかしも
しからきやきの たぬきをみれば

昭和天皇が目を細めて、ズラリと並んだたぬきを
ご覧になって笑ってる姿が目に浮かびますね。

そのエピソードがマスコミに取り上げられ、
信楽焼のたぬきは全国で有名になったのでした

Sponsored Links

 

信楽のたぬきはいつ生まれた?

信楽のたぬきが生まれたのは、明治時代。
陶芸家の藤原銕造が作ったものが最初と言われています。

京都清水焼の窯元で11歳のときから修行していた銕造は、
月夜の晩に、ポンポコと腹を打つたぬきの姿に魅せられ
やきもので再現しようと考えました。

信楽に住みついてから、本格的にたぬきの制作に入ります。
信楽は、京よりも窯が大きく、
大き目の陶器を制作できたので、
等身大のたぬきを次々と作ったそうです。

初期のたぬきは野性的でしたが、
だんだんと愛らしいスタイルに改良されていきました。

そして、時代を経て、今のスタイルに定着したのです。

 

信楽焼のたぬきの意味

images4D1PFJLX

大きな目と大きなお腹。首をかしげて立つたぬき・・
憎めないこの姿かたちは「八相縁起」と呼ばれる
縁起を表しているそうです。

信楽町観光協会のホームページに
この「八相縁起」の詳しい説明が出ていたので、
引用します。

1) 笠
思いがけない災難をさけるため、普段から準備。

2)大きな目
  周囲を見回し気を配り、正しい判断ができるように。

3) 笑顔
お互いに愛想よく

4)徳利
  人徳を身につけよう

5)通い帳
  信用が第一

6)大きなお腹
  冷静さと大胆さをもちあわせよう。

7)金袋
  ずばり!金運。

8)尾
  何事もしっかりとした終りを!

信楽のたぬきのスタイルには、商売で心がけるべき教えが
表されているのですね。

 

たぬきがいっぱいの信楽の町

全国的に有名なたぬきですが、
もちろん、信楽の町に行けば、
至る所でたぬきが出迎えてくれます。

まずは、信楽高原鐵信楽駅に着けば、大きなたぬきの
電話ボックスが迎えてくれます。

20130721082935

町に入れば、陶器のお店や窯元の店先には
屋根まで届くほどの大きさのものから、
小さなものまで、数え切れないほどのたぬきが
迎えてくれます。

たぬきを制作している信楽の窯元は、
今は、20軒以上もあり、
「八相縁起」に基づきながら、それぞれの窯元で、
特徴のあるたぬきを制作しています。

千円を切る豆たぬきから、
十万円を超える等身大たぬきと
サイズのバリエーションも豊富。

信楽の町を歩けば、自分のお気に入りのたぬきが
必ず見つかりそうですね!

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!