1. TOP
  2. 京焼の特徴とは?清水焼との違いについても

京焼の特徴とは?清水焼との違いについても

 2015/11/28 焼物辞典
  1,663 Views

京都に行けば、京野菜、宇治茶、京菓子と
美味しいものがたくさん!
その上、伝統工芸品も素晴らしく、
街歩きすれば、店先の商品に目移りするばかりですね。

京都には、焼き物も素晴らしいものがあるので、
一度はゆっくり見て歩きたいものです。

京都の焼き物の特徴、そして、歴史に名を残す
京焼の陶工をご紹介します

Sponsored Links

京焼とは

kiyomizu

京都で作られる陶器の総称が京焼です。

但し、手づくねで成形し、絵付けのない「楽焼」は
京都で作られますが、京焼には含まれません。

また、清水焼とは、京焼の一種ですが、清水寺の敷地内で
焼成されたものに限定されていました。

京焼は、一度焼成した後に上絵付けを施した陶器が多く、
各時代ごとに個性的な作家を生み出してきました。

 

京焼の歴史

京焼は、16世紀の後半には、生産が始まっていたと
考えられています。
17世紀に入ると、茶道の興隆に伴って
茶碗、茶入など茶陶の製造が盛んになりました。

京焼の中で最古の部類に入る粟田焼は、江戸時代初期に
粟田口で中国の茶器の写しや天目茶碗が作られていました。
その後、御室焼きの野々村仁清によって
色絵の陶器が作られるようになります。

Sponsored Links

 

野々村仁清

仁清は粟田口や瀬戸で陶芸の修業をした後、
京都に戻り、17世紀中頃
仁和寺の門前に御室窯を開きました。

仁清は、茶人の金森宗和と関係が深く、
宗和好みの華やかな茶碗などを作りました。

それまでの陶工は作品に自らの名前を残すことはありませんでしたが、
仁清は、自分の作品に「仁清」の印影を残しています。

仁清は特にろくろの名手といわれ、
茶壺などの大振りの作品でも均一な薄さに仕上げる
技術をもっていました。

178art_list_pic1

仁清が制作したものは現在でも人気が高く
MOA美術館が所蔵する色絵藤花茶壺、
石川県立美術館所蔵の色絵雉香炉国宝に指定され、
このほかにも数多くの作品が重要文化財に指定されています。

 

尾形乾山

仁清から指導を受け、京焼の職工として
名を残したのが尾形乾山です。

乾山は、京都の呉服商、雁金屋に生まれます。
6歳年上の兄は、紅白梅図屏風で有名な絵師の尾形光琳です。

image10587_4

乾山の作品は、琳派風の単純化された絵付け、
大胆な造形が特長です。

また、歌や漢詩に絵を組み合わせた、
掛軸のような絵画的な作品も多数残しています。
乾山が器を作り光琳がそこに絵を描いた
兄弟合作の作品も多く制作しています。

 

永楽家

永楽家、千家十職の一つ「土風炉・焼物師」です。
西村姓を名乗り、代々土風炉を制作してきましたが、
10代の了全以降は茶陶を制作しています。

11代保全は19世紀初頭、紀州藩の御庭焼開窯に招かれ、
藩主より、「永樂」の銀印を拝領しました。
以降、「永樂」の印章を用い、
永樂姓を名乗るようになりました。

永楽家は現在は17代目。
茶碗を始め、華やかな色絵の茶道具を制作しています。

 

頴川・木米・道八

奥田頴川、京焼最初の磁器焼成に成功した人として著名です。
青木木米・仁阿弥道八ら、若手工人達にその技術を公開し、
京焼の発展に貢献しました。

青木木米は江戸時代後期に活躍した陶工です。

木米は白磁、青磁、赤絵、染付など煎茶器を主に制作しました。
特に中国物の写しを得意としました。

仁阿弥道八は、色絵が中心ですが、楽焼、磁器も制作し、
また、人物や動物などの陶器の像なども作りだしました。
作陶だけでなく、紀州藩の御庭焼の立ち上げにも参画し、
その後も全国各地の窯開きにも尽力します。

20150128_dohachiomobi_Bowl%20with%20cherry%20tree%20and%20maple%20tree%20motif%20in%20overglaze%20enamels-thumb-700xauto-4970

 

現在も、京都の町中、特に清水寺の周辺には、
様々な京焼を取り扱う店舗が並んでいます。
京焼らしい華やかな色絵のお茶碗など、
自分の思い出の為にも、買い求めたいものですね。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

178art_list_pic1

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!