長襦袢のサイズの選び方!身長別の目安や正しい測り方

長襦袢のサイズの選び方

着物の和装下着として欠かせない長襦袢。
防汚対策や防寒対策、重ね着のためのおしゃれなど、着物の着心地やコーディネートを左右する重要なアイテムです。

しかし、長襦袢のサイズが合わないばかりに、着物から長襦袢がはみ出したり、着崩れしやすかったりしては、せっかくの着物姿もだらしない印象に…。

着物の着姿は、ベースとなる長襦袢で決まります。
自分にぴったりなサイズを選ぶことで、着物姿が一層素敵に見えるのはもちろん、着心地もより快適になりますよ。

今回は、

など、長襦袢のサイズの選び方や、正しい測り方についてご紹介します。

長襦袢のサイズ表

引用元:Instagram-@ryousyuukimono

長襦袢は、着物(長着)の下に着用する和装下着の一種。

下記に男女別のサイズ表をまとめましたが、長襦袢の既製品(「仕立て上がり」や「プレタ」などとよばれます)は、メーカーによって「1型」や「Sサイズ」など表記が変わるほか、寸法もまちまち。

体型(細身orふくよかな方)によってもサイズが変わりますので、合わせる着物を持参し、お店の方と相談しながら選ぶのが安心です。

男性の長襦袢のサイズ

引用元:Pinterest-日本

長襦袢は、着物を着る「ご自身」と、合わせる「着物」の寸法をもとに選ぶのが一番ですが、対応身長から長襦袢のサイズを割り出す場合は、下記の表を参考にしてください。

【男性用襦袢サイズ】

襦袢の
サイズ
対応身長背から身丈襟巾前巾後巾袖丈
S1型161~1651325.330.532.568.549.5
M2型165~1701365.330.532.570.549.5
L3型171~1751415.330.532.572.549.5
LL4型176~1801465.330.532.574.549.5
5型181~1851515.3313476.549.5

※単位はcm

振袖用長襦袢のサイズ

引用元:Instagram-@kyouhama

女性の一般的な長襦袢と、振袖用襦袢のサイズは、下記の表を参考に。
こちらも対応身長別に、おすすめの長襦袢サイズをご紹介しています。

なお、振袖をレンタルする場合、セットに長襦袢が含まれる場合も。
単体でレンタルするケースもあるようですが、長襦袢がレンタルセットに含まれている場合、サイズも合わせて確認しておくと安心です。

【一般的な女性用襦袢サイズ】

襦袢の
サイズ
仕立てる場合の標準参考寸法対応身長襦袢丈前巾後巾袖丈
身丈
S1型12363.5140~1501232730.563.548.5
M2型12865.5155~16012827.53165.548.5
L3型13367.5160~16513327.531.567.548.5
LL4型13869.5168前後138283269.548.5
TL5型14371.5173前後14328.53271.548.5
6型12363.5140~1501233031.56448.5
7型12865.5155~16012830.5326648.5
8型13367.5160~16513330.532.56848.5

※単位はcm、襦袢丈は背から(6~8型は体型がふくよかな方)

 

【振袖用襦袢サイズ】

襦袢の
サイズ
対応身長身丈前巾後巾袖丈
S1型1501202328.561113
M2型15512523.52962113
L3型16013023.529.564113
LL4型165135243066113
TL5型1701402429.568113

※単位はcm、身丈は背から

長襦袢のサイズの選び方の目安は?

引用元:Instagram-@machigiya

さきほどのサイズ表で、もし迷ったら、ご自身の体型(横幅)で選びましょう。

例えば、身長160㎝の女性が一般的な長襦袢を選ぶ場合、MサイズかLサイズかで迷ったら、細身や標準体型の方は「Mサイズ」、ふくよかな体型の方なら「Lサイズ」がおすすめです。

なお、着物の寸法から選ぶときは、「着丈は着物-3~4㎝程度」、「裄丈は着物-1~2㎝程度」をひとつの目安に。

長襦袢のサイズは身長によって変わる?

引用元:Pinterest-日本

長襦袢は、身長によってサイズが変わります。

既製品(お仕立て上がり)の場合、メーカーによって少々の違いはありますが、身長140~150㎝は「Sサイズ」、身長155~160㎝は「Mサイズ」、身長160~165㎝は「Lサイズ」となります。

長襦袢丈は、「くるぶし」までの長さが標準ですが、もし、既製品のサイズが合わないときは、お店でお直ししてもらうことも可能。
詳しくはお直しの専門店に相談してみましょう。

長襦袢のサイズの計算方法

引用元:Instagram-@kiyono.style

長襦袢の身丈サイズは、次の計算で割り出します。

「長襦袢の身丈=身長×0.8」または「身長-32㎝」

例えば、身長が160㎝の方なら「128㎝」となります。

細身の方だとやや長くなることがありますが、長襦袢は、着物より多少短くても問題ないので、迷ったら-5㎝くらいまでは短めに調整してもよいでしょう。

【長襦袢のサイズ】※体型によって変わる場合があります

身丈身長×0.8、または身長-32㎝(着丈は着物の-2㎝)
裄(ゆき)の肩幅着物と同じ寸法
袖巾・袖丈・袖付着物より約-0.7㎝短め(2分控えの-0.756cm)
前巾着物より約+3.5㎝長め(8分~1寸)
後巾着物より約+1.5㎝長め(3分~5分)

長襦袢のサイズの正しい測り方

引用元:Pinterest-日本

手持ちの着物に合わせた長襦袢をつくる場合は、ご自分の「身長」のほか、その着物の「身丈・袖丈・袖巾・袖付・裄・前巾・後巾」の計8か所のサイズが必要。

対して、ご自身の体型から長襦袢のサイズを割り出す場合は、「身長」「バスト」「ウエスト」「ヒップ」の4か所を計測します。

測る部位測り方
身長(身丈) 直立し、首の後ろ中央部の骨(ぐりぐり)から、くるぶしまで
バスト胸の一番高いところを一周測る
ウエスト息を吐きリラックスした状態で、おなかをへこませずに測る
ヒップ腰回りで一番大きいところを一周測る
裄(ゆき)手を垂直にあげ、首の付け根のグリグリから、肩で一度押さえて手首のくるぶしまで。
裄を長めにしたい場合は、手を45度の角度に広げて測る。
左右で寸法が違う場合は、両方を測った寸法の平均を確認する。

※測る場所や計測方法は、お店によって異なることがあります

長襦袢をサイズ直しする方法

引用元:Pinterest-日本

手持ちの着物と長襦袢が合わなくても、自分で一時的なサイズ調整をすることは可能ですが、フォーマルなシーンでは、マナー違反となるので不向き。

正装の着物でお出かけする予定がある場合は、余裕をもって、お直しに出しておくのがおすすめです。

長襦袢の主なお直し代と、お仕立て代をまとめました。
最低1枚、自分の体型にジャストフィットする長襦袢をつくっておくと、いざというときに安心ですよ。

【長襦袢の主なお直し・お仕立て代:税別】

お直し丈直し6,000~13,000円
裄直し5,000~8,000円
袖丈出し4,400~8,000円
袖丈詰め4,400~8,000円
身巾直し8,800~12,000円
身丈直し8,800~13,000円
身丈直し(裾だけ)6,000~8,800円
衿の付け直し1,100~6,000円
衣紋抜き付け1,000円前後
お仕立て長襦袢9,000~25,000円
振袖用長襦袢9,000~27,000円

長襦袢のサイズが合わない時はどうする?

引用元:Pinterest-日本

最後に、長襦袢のお直しが急に必要になったときの、一時的な対応策をご紹介します。
仮縫いのほか、安全ピンや半衿用の両面テープを使うのもよいでしょう。

両面テープを使う際は、長時間使用すると生地を傷めてしまうことがあるので、着用後はすぐに剥がしてくださいね。

長襦袢が短すぎる場合仮縫いまたは安全ピンで留める
長襦袢の裄丈が長すぎる場合着物の裄丈-1㎝くらいになるように、襦袢の袖の真ん中部分をつまんで縫う。
裄丈が5㎝以上長い場合は、袖+肩口(身頃のほう)も縮める
長襦袢の着丈が長すぎる場合長襦袢の身八つ口すぐ下の「内揚げ」(布を縫い込んだ部分)部分をつまんで縫う

まとめ

着物の和装下着の一種である長襦袢は、「首の付け根からくるぶし」までが一般的な長さになります。

長襦袢の身丈サイズは「身長×0.8」または「身長-32㎝」で割り出し、既製品で探すときは、身丈、前巾、後巾、裄(ゆき)、袖丈のサイズをしっかりチェックすることが大切。
もしも、サイズ選びで迷ったら、小さめサイズを選んでおくのがよいでしょう。

お手持ちの着物と長襦袢とのサイズが合わなかったら、一時的に仮縫いや安全ピンなどで留めておく方法もありますが、おでかけの度に直すのは、手間がかかって大変。

フォーマルなお出かけの際に慌てることがないよう、マイサイズの長襦袢を1枚持っておくと安心です。

 

不要な着物を高価買取♪
お家に不要な着物はありませんか?

※実は着物を売った人の実に90%以上の人が
タダ同然の値段で着物を売ってしまっています。

そんなあなたには着物を高価買取してくれる
『着物のスピード買取』がオススメです。

着物買取プレミアムなら、

・自宅まで無料で出張査定・買取
・帯・帯締め・草履・小物も買取OK
・業界内トップシェア級で信頼できる
・電話対応で面倒な入力必要なし

など着物を処分したい方にはぴったりです。

また今は世界的に日本文化が人気で
着物の需要が
高まっているので
高価買取が期待できます。

⇒着物のスピード買取で買取価格を確認する

着物
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました