宝塚歌劇団・月組のメンバーは?歴代・次期トップや二番手・退団者まとめ

宝塚

宝塚月組のメンバー

女性だけで構成される劇団「宝塚歌劇団」。その宝塚歌劇団には、花、月、雪、星、宙組があり、それぞれの組にトップスターが存在しています。

みなさん、各組のトップスターはご存じですか?名前も独特だし、いまいち覚えられない、わからない…という方も多いと思います。

そこで、今回は、宝塚歌劇団の組のトップスターやメンバーをご紹介していきます。

現在トップスターを務めている方、そして過去にトップスターを務めていた方もご紹介していますので、月組メンバーをふか~く知れること間違いなしです。

宝塚歌劇団・月組の人気メンバーまとめ

月組の主要なメンバーをまとめました。

現役で活躍されている方はもちろん、退団されている方もご紹介しています。

珠城 りょう

引用元:衣装頼らず“骨太”男役度の見せどころ/珠城りょう – 宝塚 〜 朗らかに – 芸能コラム : 日刊スポーツ

組/役月組・男役
氏名珠城りょう(たまき りょう)
生年月日10月4日
出身地愛知県蒲群市
愛称りょう、たまき
ブログなし
ツイッターなし

月組トップスターであり、2021年8月『桜嵐記/Dream Chaser』東京公演千秋楽をもって、退団される玉城りょうさん。

入団9年目でトップスターに就任されるという、天海祐希さんに次ぐ、スピード出世を果たしました。

月城 かなと

引用元:宝塚歌劇団月組次期トップコンビに月城かなと&海乃美月 – ステージナタリー

組/役月組・男役
氏名月城かなと(つきしろ かなと)
生年月日12月31日
出身地神奈川県横浜市
愛称れいこ
ブログなし
ツイッターなし

二番手スターかつ、月組の次期トップスターに就任される月城かなとさん。

抜群の美貌で、入団当初から注目をあつめていました。

鳳月 杏

引用元:月組スター「私には組替えすごくよかった」/鳳月杏 – 宝塚 〜 朗らかに – 芸能コラム : 日刊スポーツ

組/役月組・男役
氏名鳳月杏(ほおづき あん)
生年月日6月20日
出身地千葉県船橋市
愛称ちなつ、てね
ブログなし
ツイッターなし

月組三番手スターをつとめる鳳月杏さん。

ファンの間では、次期二番手スターではないかとささやかれています。

暁 千星

引用元:魅・宝塚、たゆまぬ挑戦:月組男役・暁千星 難役に挑戦、光る舞台 | 毎日新聞

組/役月組・男役
氏名暁千星(あかつき ちせい)
生年月日9月14日
出身地広島県福山市
愛称ARI
ブログなし
ツイッターなし

若手スターとして注目を集めている暁千星さん。
お父様が元プロ野球選手の山内和宏さんです。

抜群の運動神経を生かしたダンスは必見です。

美園 さくら

引用元:納得いくまで徹底する「数学体質」/美園さくら – 宝塚 〜 朗らかに – 芸能コラム : 日刊スポーツ

組/役月組・娘役
氏名美園さくら(みその さくら)
生年月日6月17日
出身地東京都江戸川区
愛称さくら、さくちゃん
ブログなし
ツイッターなし

トップ娘役であり、珠城りょうさんとともに退団される美園さくらさん。

歌唱力に定評があります。

海乃 美月

引用元:宝塚歌劇団月組次期トップコンビに月城かなと&海乃美月 – ステージナタリー

組/役月組・娘役
氏名海乃美月(うみの みつき)
生年月日5月18日
出身地富山県氷見市
愛称うみ、くらげ
ブログなし
ツイッターなし

月城かなとさんとともに、次期月組トップ娘役に就任される海乃美月さん。

歌・ダンス・芝居と三拍子そろった娘役として、早くから注目を浴びてきました。

愛希 れいか

引用元:宝塚歌劇団元月組トップ娘役・愛希れいか、アミューズで女優を本格始動 退団後初の仕事はミュージカル『エリザベート』 | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

組/役月組・娘役
氏名愛希れいか(まなき れいか)
生年月日8月21日
出身地福井県坂井市
愛称ちゃぴ
ブログなし
ツイッターhttps://twitter.com/manaki_official

2012年~2018年まで、月組トップ娘役を務めていた愛希れいかさん。

現在は、アミューズに所属され、様々な舞台で活躍されています。

天海 祐希

引用元:「理想の女性上司」天海祐希は、イメージを裏切る「グダグダな人間」 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

組/役月組・男役
氏名天海祐希(あまみ ゆうき)
生年月日8月8日
出身地東京都台東区
愛称ゆりちゃん、ゆり
ブログなし
ツイッターなし

様々な舞台、ドラマ、映画などで活躍されている天海祐希さん。

1993年~1995年の間、月組トップスターを務めていました。

宝塚・月組のトップは誰?

トップスターは珠城りょうさん。

トップ娘役は美園さくらさんです。

お二人とも、2021年8月『桜嵐記/Dream Chaser』東京公演千秋楽をもって退団されることが発表されています。

ファンの間では『たまさく』と呼ばれ、親しまれていたコンビ。

退団されてしまうのは、少し寂しい気がしますね。

宝塚・月組の二番手は誰?

月城かなとさんです。

2021年8月16日付で月組トップスターに就任されます。

宝塚95期生である、月城かなとさんの同期には、花組トップスター柚香光さん、星組トップスター礼真琴さんがいらっしゃいます。

宝塚・月組の歴代トップを紹介

珠城りょうさんがトップスターに就任されるまでの、月組歴代トップスターをご紹介します。

初代天津乙女2代目門田芦子
3代目小夜福子4代目佐保美代子
5代目久慈あさみ6代目 南悠子
7代目郷ちぐさ&汀夏子8代目汀夏子
9代目故里明美10代目藤里美保
11代目内重のぼる12代目古城都
13代目大滝子14代目榛名由梨
15代目大地真央16代目剣幸
17代目涼風真世18代目天海祐希
19代目久世星佳20代目紫吹淳
21代目彩輝直22代目瀬奈じゅん
23代目霧矢大夢24代目龍真咲

月組は、花組に次いで2番目にできた、歴史ある組です。そのため、歴代トップスターさんも数多くいらっしゃいます。

宝塚・月組の次期トップは誰?

2021年8月16日付で月組トップスターに月城かなとさん、トップ娘役に海乃美月さんが就任されます。

おふたりとも、新人公演や、若手スターの登竜門であるバウホール公演などで、主役、ヒロインを演じてこられた実力派。

新生月組の今後に期待ですね。

宝塚・月組の退団者は誰?

2021年8月15日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団されるのは、以下の方々です。

  • 珠城 りょう
  • 香咲 蘭
  • 楓 ゆき
  • 桜奈 あい
  • 颯希 有翔
  • 蒼真 せれん
  • 美園 さくら
  • 夏風 季々
  • 摩耶 裕

トップのお二人も退団されます。

とても残念ですが、宝塚を退団されても、様々な舞台で活躍されている女優さんは多いので、これからに期待ですね。

宝塚・月組のチケットが売れないって本当?

宝塚歌劇団は、5つの組に分かれており、どの組もみな同じ程度の人気度を誇ります。

よって、宝塚のチケットの売れ行きは、作品の知名度や魅力に左右されることが多く、その時々です。

また、トップスターの退団公演なども、チケットがとりにくくなります。

宝塚・月組の公演の動画を紹介

▼『WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-』『ピガール狂騒曲』

『WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-』は、日本の四季折々の美しさを表現した、和物のレビュー作品。

歌舞伎役者、坂東玉三郎さんが監修されています。

『ピガール狂騒曲』は、シェイクスピア喜劇の『十二夜』を題材にしたミュージカル作品です。

▼『ALL for One』

デュマの『三銃士』をもとにしたロマンティック・アクション・ミュージカル。

太陽王ルイ14世が治めるフランスを舞台にした、華やかな舞台です。

▼『カンパニー‐努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』

『BADDY-悪党(ヤツ)は月からやってくる‐』

『カンパニー‐努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』は、伊吹有喜氏の小説『カンパニー』を題材とした、バックステージミュージカル。

『BADDY-悪党(ヤツ)は月からやってくる‐』は、地球都市TAKARAZUKA-CITYに、月からの悪党が乗り込んでくるという、SFチックなショーになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

珠城りょうさんの退団公演、そして、月城かなとさん率いる、新たな月組から目が離せませんね!

ぜひ、月組の公演を観に行ってみてください。

不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
加藤 千晶

明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業
現在は、俳優、演出家を目指し、ミュージカルの専門学校に通っている。
幼い頃から、人前で表現することが大好きで、新体操、バレエ、ジャズダンス、日本舞踊などを経験。
高校生のときにミュージカルに出会い、演劇の面白さに魅了された。
宝塚や劇団四季、歌舞伎などに足を運ぶ傍ら、演者や演出としても活動し始める。
大学では、演劇学を専攻し、ミュージカル作品を中心に研究した。
大好きな演劇を仕事にするべく、今年度からはより実践的な技術を学べる学校に所属している。
演劇は、時代や国柄、劇団の特徴など、様々な背景を踏まえながら観劇すると、より作品を楽しめるようになる。
記事をご覧になる方が、より充実した観劇ライフを送れるような情報を発信していきたい。

加藤 千晶をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました