宝塚歌劇団・雪組のメンバーで人気は?歴代・次期トップや二番手・退団者も

宝塚

宝塚歌劇団・雪組メンバー

女性だけで構成される劇団「宝塚歌劇団」。その宝塚歌劇団には、花、月、雪、星、宙組があり、それぞれの組にトップスターが存在しています。

みなさん、各組のトップスターはご存じですか?名前も独特だし、いまいち覚えられない、わからない…という方も多いと思います。

そこで、今回は、宝塚歌劇団の組のトップスターやメンバーをご紹介していきます。

現在トップスターを務めている方、そして過去にトップスターを務めていた方もご紹介していますので、雪組メンバーをふか~く知れること間違いなしです。

宝塚歌劇団・雪組の人気メンバーまとめ

雪組の主要なメンバーをまとめました。

現役で活躍されている方はもちろん、退団されている方もご紹介しています。

望海 風斗

引用元:【華麗なる宝塚】望海風斗「役に愛情を持ちその人生を生きる」 轟悠の格好良さに衝撃受けた18年前(1/3ページ) – 産経ニュース

組/役雪組・男役
氏名望海風斗(のぞみ ふうと)
生年月日10月19日
出身地神奈川県横浜市
愛称だいもん、ふうと、のぞ
ブログなし
ツイッターなし

「fff/シルクロード」東京公演千秋楽をもって、トップスターを退団された望海風斗さん。歌唱力に評判があります。

朝美 絢

引用元:【華麗なる宝塚】鎌倉出身・朝美絢、めっぽう強い「義経」演じるため「筋トレ」に励む 男役10年「攻めたい」(1/3ページ) – 産経ニュース

組/役雪組・男役
氏名朝美絢(あさみ じゅん)
生年月日11月6日
出身地神奈川県鎌倉市
愛称あーさ、J
ブログなし
ツイッターなし

彩風咲奈さん率いる、新生雪組の番手スターではないかとささやかれている朝美絢さん。これからの活躍が期待されます。

彩凪 翔

引用元:<華宝塚>役に染まり、柔軟な芝居を 彩凪翔(雪組):東京新聞 TOKYO Web

組/役雪組・男役
氏名彩凪翔(あやなぎ しょう)
生年月日6月2日
出身地大阪府大阪市
愛称しょう
ブログなし
ツイッターなし

望海風斗、真彩希帆トップコンビとともに、退団された彩凪翔さん。若手スターとして注目されていただけに、ファンの間では悲しみの声が広がっています。

水 夏希

引用元:水夏希オフィシャルインタビュー 文庫がふやけるほど読み込んだ『一月物語』舞台化について語る | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

組/役雪組・男役
氏名水夏希(みず なつき)
生年月日8月16日
出身地千葉県千葉市
愛称みず、ちか、ナツキ
ブログなし
ツイッターなし

2007~2010年の間、雪組トップスターとして活躍された水夏希さん。現在は、舞台を中心に活躍されています。

真彩 希帆

引用元:歌うまコンビでお届け「最強ファントム」/真彩希帆 – 宝塚 〜 朗らかに – 芸能コラム : 日刊スポーツ

組/役雪組・娘役
氏名真彩希帆(まあや きほ)
生年月日7月7日
出身地埼玉県蕨市
愛称まあや、きぃちゃん、きーやん、なっちゃん、まあやきぃ
ブログなし
ツイッターなし

望海風斗さんとともに、雪組トップ娘役を退団された真彩希帆さん。歌唱力に定評があります。

また、宝塚でもめずらしい、5組すべてに配属された経験もお持ちです。

彩風咲奈

引用元:宝塚雪組5/19高知公演 彩風咲奈さんツアー初主演|高知新聞

組/役雪組・男役
氏名彩風咲奈(あやかぜ さきな)
生年月日2月13日
出身地愛媛県大洲市
愛称さき
ブログなし
ツイッターなし

2021年4月12日付で雪組トップスターに就任された、彩風咲奈さん。持ち味は、173㎝の長身を生かした優雅なダンスです。

朝月希和

引用元:宝塚雪組トップに彩風咲奈さん トップ娘役は朝月希和さん – 産経ニュース

組/役雪組・娘役
氏名朝月希和(あさづき きわ)
生年月日1月6日
出身地東京都世田谷区
愛称ひらめ、きわ
ブログなし
ツイッターなし

彩風咲奈さんとともに雪組トップ娘役に就任された、朝月希和さん。『ひらめ』の愛称は、同期に「魚顔だね」と言われたことがはじまりなんだとか。

轟悠

引用元:宝塚・轟悠が退団会見「自分の心に素直に従う」と理由を語る (スポーツ報知) – Yahoo!ニュース

組/役雪組・男役
氏名轟悠(とどろき ゆう)
生年月日8月11日
出身地熊本県人吉市
愛称イシサン、トム
ブログなし
ツイッターなし

雪組トップスターを務められたあと、専科に移動。宝塚の理事、そして特別顧問として活躍された轟悠さん。2021年10月1日付で退団されることを発表しました。

宝塚・雪組のトップは誰?

トップスターは彩風咲奈さん。

トップ娘役は朝月希和さんです。

2021年4月から雪組トップを務められるお二人。今後が楽しみですね。

宝塚・雪組の二番手は誰?

宝塚歌劇団が公式に発表するのは、組のトップスターのみとなります。

二番手スターが判明するのは、劇団が発表する『組替え発表』からです。

望海風斗さん率いる雪組の二番手スターは、彩風咲奈さんでした。

しかし、彩風咲奈さん率いる、新生雪組の『組替え発表』はまだ行われていません。

したがって、新たな二番手スターは不明です。

ファンの間では、朝美絢さんではないかといわれています。

宝塚・雪組の歴代トップを紹介

望海風斗さんがトップスターに就任されるまでの、雪組歴代トップスターをご紹介します。

初代高峰妙子2代目雪野富士子
3代目初音麗子4代目春日野八千代
5代目明石照子6代目 真帆志ぶき
7代目郷ちぐさ&汀夏子8代目汀夏子
9代目麻実れい10代目平みち
11代目杜けあき12代目一路真輝
13代目高嶺ふぶき14代目轟悠
15代目絵麻緒ゆう16代目朝海ひかる
17代目水夏希18代目音月桂
19代目壮一帆20代目早霧せいな

現在も、様々な舞台で活躍されている女優さんがたくさんいらっしゃいますね。

宝塚・雪組の次期トップは誰?

宝塚のトップスターが入れ替わるのは、現在のトップスターが退団、もしくは専科移動してからとなります。

退団、もしくは専科移動を発表ののち、新たなトップスターが発表されるという仕組みです。

必ずしも、二番手のスターがトップスターに昇格するということはなく、他の組から移動してくる場合もあります。

そのため、現在のトップスターが退団、移動を発表するまで、次期のトップは不明です。

宝塚・雪組の退団者は誰?

2021年4月11日(雪組・東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団されるのは、以下の方々です。

  • 望海風斗
  • 真彩希帆
  • 彩凪翔
  • 笙乃茅桜
  • 煌羽レオ
  • 真地佑果
  • ゆめ真音
  • 朝澄希

トップのお二人、そして、若手スターとして注目を浴びていた彩凪翔さんも退団されました。

とても残念ですが、宝塚を退団されても、様々な舞台で活躍されている女優さんは多いので、これからに期待ですね。

宝塚・雪組のチケットの買い方は?

宝塚歌劇団のチケットの買い方は、劇団ホームページに詳しく記載されています。

⇒宝塚歌劇団のチケット購入はこちら

宝塚は、どの組の公演も非常に人気が高いです。

初心者の方は、『宝塚歌劇webチケットサービス』もしくは、『プレイガイド』を利用しましょう。

また、『宝塚歌劇webチケットサービス』よりは、『チケットぴあ』などのプレイガイドを利用したほうがとりやすいともいわれています。

まずはチャレンジしてみましょう。

宝塚・雪組の公演の動画を紹介

▼『fff-フォルテッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』

望海風斗、真彩希帆トップコンビの退団公演となりました。

『fff-フォルテッシモ-』は、作曲家ベートーヴェンの生涯を描いた作品です。

『シルクロード~盗賊と宝石~』は、交易路「シルクロード」を舞台にした豪華絢爛なショー。

どちらも、お二人の歌唱力を存分に生かした作品となっています。

▼『壬生義士伝』『Music Revolution』

『壬生義士伝』(みぶぎしでん)は、2002年、2003年にドラマ、映画化され大ヒットを記録した浅田次郎氏のベストセラー小説を舞台化したもの。

新選組を描いた物語です。

『Music Revolution』は、「音楽」をテーマにしたショーになっています。

▼『るろうに剣心』

大ヒットコミック『るろうに剣心』を初のミュージカル化し、上演した作品です。

トップスターとして、早霧せいなさんが『剣心』を演じていらっしゃいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

彩風咲奈さん率いる、新たな雪組から目が離せませんね!

ぜひ、雪組の公演を観に行ってみてください。

不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
加藤 千晶

明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業
現在は、俳優、演出家を目指し、ミュージカルの専門学校に通っている。
幼い頃から、人前で表現することが大好きで、新体操、バレエ、ジャズダンス、日本舞踊などを経験。
高校生のときにミュージカルに出会い、演劇の面白さに魅了された。
宝塚や劇団四季、歌舞伎などに足を運ぶ傍ら、演者や演出としても活動し始める。
大学では、演劇学を専攻し、ミュージカル作品を中心に研究した。
大好きな演劇を仕事にするべく、今年度からはより実践的な技術を学べる学校に所属している。
演劇は、時代や国柄、劇団の特徴など、様々な背景を踏まえながら観劇すると、より作品を楽しめるようになる。
記事をご覧になる方が、より充実した観劇ライフを送れるような情報を発信していきたい。

加藤 千晶をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました