宝塚歌劇団・星組のメンバーは?歴代・次期トップや二番手・退団者まとめ

宝塚

宝塚歌劇団・星組のメンバー

女性だけで構成される劇団「宝塚歌劇団」。宝塚歌劇団には、花、月、雪、星、宙組があり、それぞれの組にトップスターが存在していますが、各組のトップスターはご存じですか。

名前も独特だし、いまいち覚えられない、わからない…という方も多いと思います。

そこで、今回は、星組のトップスターやメンバーをご紹介していきます。

現在トップスターを務めている方、そして過去にトップスターを務めていた方もご紹介していますので、星組メンバーをふか~く知れること間違いなしです。

宝塚歌劇団・星組のメンバーまとめ

星組の主要なメンバーをまとめました。

現役で活躍されている方はもちろん、退団されている方もご紹介しています。

礼 真琴

礼真琴 

引用元:「私は“優等生”なんかじゃない。稽古場ではいつだってダメな自分と戦っている」星組 礼 真琴さん | ファッション誌Marisol(マリソル) ONLINE 40代をもっとキレイに。女っぷり上々!

組/役星組・男役
氏名礼真琴(れい まこと)
生年月日12月2日
出身地東京都江戸川区
愛称こと、こっちゃん、まこっつあん
ブログなし
ツイッターなし

2019年に星組トップスターに就任された、礼真琴さん。

宝塚歌劇団には首席で入団されています。

紅 ゆずる

紅ゆずる

引用元:紅 ゆずる プロフィール|松竹エンタテインメント

組/役星組・男役
氏名紅ゆずる(くれない ゆずる)
生年月日8月17日
出身地大阪府大阪市
愛称さゆみ、さゆちゃん、ゆずるん、べに子
ブログなし
ツイッターなし

2016年に星組トップスターに就任。2019年に退団された、紅ゆずるさん。

現在は、松竹エンタテインメントに所属されています。

極美 慎

極美慎

引用元:魅・宝塚、たゆまぬ挑戦:舞台に通じる武道の精神 星組・極美慎 | 毎日新聞

組/役星組・男役
氏名極美慎(きわみ しん)
生年月日7月26日
出身地神奈川県横浜市
愛称しん、かりん
ブログなし
ツイッターなし

次世代のスター候補ともいわれている、極美慎さん。

宝塚歌劇団に入る前は、空手を習われていたそうです。

舞空 瞳

舞空瞳

引用元:星組新トップ娘役「まっすぐ、ついていく」/舞空瞳 – 宝塚 〜 朗らかに – 芸能コラム : 日刊スポーツ

組/役星組・娘役
氏名舞空瞳(まいそら ひとみ)
生年月日8月27日
出身地神奈川県横浜市
愛称ひっとん、なこ
ブログなし
ツイッターなし

礼真琴さんとともに、星組トップ娘役に就任された、舞空瞳さん。

彼女も宝塚歌劇団に首席で入団しています。

柚希礼音

柚希礼音

引用元:柚希 礼音 | アミューズWEBサイト

組/役星組・男役
氏名柚木礼音(ゆずき れおん)
生年月日1979年6月11日
出身地大阪府大阪市
愛称CHIE
ブログなし
ツイッターhttps://twitter.com/yuzukireonstaff?s=11

2009年、星組トップスターとして就任し、2015年に退団された柚希礼音さん。

現在は、アミューズに所属されています。

七海ひろき

七海ひろき

引用元:七海ひろき Official Website

組/役星組・男役
氏名七海ひろき(ななみ ひろき)
生年月日1月16日
出身地茨城県水戸市
愛称カイ
ブログなし
ツイッターhttps://twitter.com/hirokinanami773?s=11

宙組から星組に組替えし、活躍された七海ひろきさん。

2019年に退団し、現在は俳優、声優、ラジオパーソナリティーなど多彩に活躍されています。

綺咲愛里

綺咲愛里

引用元:Profile | 綺咲愛里 OFFICIAL SITE

組/役星組・娘役
氏名綺咲愛里(きさき あいり)
生年月日10月30日
出身地兵庫県川西市
愛称あーちゃん
ブログhttps://kisaki-airi.com/contents/blog
ツイッターhttps://twitter.com/kisaki_airi?s=11

紅ゆずるさんの相手役として活躍された、星組トップ娘役の綺咲愛里さん。

2019年に退団され、現在も芸能活動を行われています。

星蘭ひとみ

星蘭ひとみ

引用元:星蘭ひとみ、宝塚現役生として26年ぶり連続ドラマ出演 – 産経ニュース

組/役星組・娘役
氏名星蘭ひとみ(せいら ひとみ)
生年月日1994年5月26日
出身地東京都港区
愛称せーら、まゆ
ブログなし
ツイッターなし

星組・専科の娘役として活躍された、星蘭ひとみさん。その美貌から「タカラヅカのオードリーヘップバーン」とも呼ばれました。

2020年退団。2021年にはトヨタ自動車代表取締役社長の長男とご結婚されています。

宝塚・星組のトップは誰?

トップスターは礼真琴さん。

トップ娘役は舞空瞳さんです。

お二方とも、宝塚歌劇団に首席で入団されていることから、首席トップコンビと呼ばれています。

宝塚・星組の二番手は誰?

引用元:【華麗なる宝塚】愛月ひかる「不滅の棘」 自己中な「俺様」役、“やり過ぎない格好良さ”、「引き算の芝居覚え、成長したい」(1/3ページ) – 産経WEST

二番手スターは専科から移動となった、愛月ひかる(あいづき ひかる)さんです。

トップスターの登竜門とも呼ばれる、新人公演の主演を4回も務めました。

様々な役を演じこなす、演技派として注目されています。

宝塚・星組の歴代トップを紹介

宝塚の星組の、初代から20代目までの歴代男役トップスターをご紹介します。

初代春日野八千代2代目葦原邦子
3代目南悠子4代目寿美花代
5代目那智わたる6代目 上月晃
7代目鳳蘭&安奈淳8代目鳳蘭
9代目瀬美八戸内10代目峰さを理
11代目日向薫12代目紫苑ゆう
13代目麻路さき14代目稔幸
15代目香寿たつき16代目湖月わたる
17代目安蘭けい18代目柚希礼音
19代目北翔海莉20代目紅ゆずる

東宝ミュージカルをはじめ、様々な舞台で活躍されている、鳳蘭さんや香寿たつきさんも星組トップスター出身なんですね。

宝塚・星組の次期トップは誰?

宝塚のトップスターが入れ替わるのは、現在のトップスターが退団、もしくは専科移動してからとなります。

退団、もしくは専科移動を発表ののち、新たなトップスターが発表されるという仕組みです。

必ずしも、二番手のスターがトップスターに昇格するということはなく、他の組から移動してくる場合もあります。

そのため、現在のトップスターが退団、移動を発表するまで、次期のトップは不明です。

宝塚・星組の退団者は誰?

2021年5月23日(星組・東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団されるのは、以下の方々です。

  • 拓斗 れい
  • 桜里 まお
  • 隼 玲央
  • 桜庭 舞
  • きらり 杏
  • 草薙 稀月
  • 麻倉 しずく

宝塚歌劇団の退団は、ご本人の意思によるものです。

各組、毎年8名ほどの退団者がいます。

退団後は、ご結婚されたり、他の劇団に所属されたり、また、資格をとってお仕事をされたりなど、様々な道で活躍されています。

宝塚・星組のチケットが売れないって本当?

宝塚歌劇団は、5つの組に分かれており、どの組もみな同じ程度の人気度を誇ります。

よって、宝塚のチケットの売れ行きは、作品の知名度や魅力に左右されることが多く、その時々です。

また、トップスターの退団公演なども、チケットがとりにくくなります。

宝塚・星組の動画を紹介

最後に、星組の有名な公演の動画をご紹介します。

▼『ロミオとジュリエット』

こちらは、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』をミュージカルにした作品です。フランス発のロックミュージカルで、楽曲も現代的。親しみやすい作品となっています。

 

▼『龍の宮(たつのみや)物語』

若手スターを主役に抜擢し、公演を行う、宝塚バウホールで上演された作品。浦島太郎がベースとなった、和物の作品です。星組3番目スターの瀬央ゆりあさんが主演を務めています。

 

▼『Bouquet de TAKARAZUKA (ブーケ・ド・タカラヅカ)』

レビュー作品。紅ゆずるさんを中心に、星組の魅力が存分に詰まった、豪華絢爛なショーです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

星組を退団しても、テレビや舞台で活躍されている女優さんが多いですよね。

また、これから活躍が期待される、若手スターも続々と生まれています。

ぜひ、星組の公演を観にいってみてください。

不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
加藤 千晶

明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業
現在は、俳優、演出家を目指し、ミュージカルの専門学校に通っている。
幼い頃から、人前で表現することが大好きで、新体操、バレエ、ジャズダンス、日本舞踊などを経験。
高校生のときにミュージカルに出会い、演劇の面白さに魅了された。
宝塚や劇団四季、歌舞伎などに足を運ぶ傍ら、演者や演出としても活動し始める。
大学では、演劇学を専攻し、ミュージカル作品を中心に研究した。
大好きな演劇を仕事にするべく、今年度からはより実践的な技術を学べる学校に所属している。
演劇は、時代や国柄、劇団の特徴など、様々な背景を踏まえながら観劇すると、より作品を楽しめるようになる。
記事をご覧になる方が、より充実した観劇ライフを送れるような情報を発信していきたい。

加藤 千晶をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました