季語別

俳句

立春の季語はいつ・何月?俳句や手紙の挨拶文にも使える?

春の始まりを知らせる季語「立春」 俳句だけでなく手紙の挨拶にもよく用いられるため、使ったことがある方も多いのではないでしょうか? 今回は季語「立春」の子季語や時期を解説します。 立春の季語はいつ? 子季語 春来る・春さる・春立つ・立春大吉 ...
俳句

時雨の季語はいつ?冬の俳句例を紹介

冬頃に急に振っては、さっとやむ通り雨を指す「時雨」。 その様子は冬ならではのもの寂しさを感じさせると、松尾芭蕉をはじめ多くの俳人が冬の句に用いました。 今回は季語「時雨」について、小季語や季節・使用された俳句について紹介します。 時雨の季語...
俳句

節分の季語が冬なのはなぜ?子季語・関連季語や有名な俳句も紹介

古来より、冬から春に変わる重要な日とされてきた「節分」 春の訪れを喜ぶ様子や豆撒きの賑やかな雰囲気を思わせる句に登場しています。 今回は季語「節分」の子季語や関連季語の詳しい解説や有名な句を紹介します。 節分の季語はいつ? 子季語 節替え ...
俳句

ブランコ・鞦韆の季語はなぜ春?由来は?子季語や意味を紹介

鞦韆(しゅうせん)という名前でも知られるブランコ。 なぜ春の季語なのか由来を知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回はブランコ(鞦韆)の子季語や意味、俳句例を紹介します。 ブランコ・鞦韆の季語はいつ? 子季語 ぶらんこ・ふ...
俳句

牡丹の季語について|季節別の子季語・関連季語や有名俳句

初夏にバラのような大輪を咲かせる牡丹。 その美しさから「花の王」とも呼ばれており、多くの名句に登場しています。 今回は季語「牡丹」の時期や子季語1つ1つの意味を紹介します。 牡丹の季語はいつ? 子季語 ぼうたん・深見草・白牡丹・牡丹園・狐の...
俳句

師走の季語について|有名俳句や意味・子季語を解説

12月の別称として知られる「師走(しわす)」という語。 実は年末の季語として、たくさんの俳句に登場しています。 今回は季語「師走」を使った有名な俳句や、子季語を紹介します。 師走の季語はいつ? 子季語 極月(ごくげつ)・臘月(ろうげつ) 春...
俳句

枯野の季語の季節・意味は?俳句や子季語も解説

紅葉の色彩豊かな時期も過ぎ去り、物寂しさを漂わせる枯野。 一見地味な風景に思えるかもしれませんが、江戸時代頃では風情が感じられると「枯野見」が盛んに嗜まれていました。 今回は季語「枯野」の季節や子季語を紹介しますので、俳句を読む・作る際の参...
俳句

氷の季語を使った俳句|季節は夏・冬どっち?

寒さ厳しい季節の風景に欠かせない「氷」 田んぼや渓谷が氷に包まれる様子は冬にしか見られない光景です。 今回は氷の季語を使った俳句や子季語を詳しく解説しますので、冬の句を詠む際の参考にしてくださいね。 氷の季語はいつ? 子季語 厚氷・綿氷・蝉...
俳句

風光るの季語はいつ・何月?俳句例や意味を解説

春の句に見られる「風光る」という季語。 日常であまり使われない語であるため、初めて知った方も多いかもしれません。 今回は「風光る」の季語の情景や例句を紹介します。 風光るの季語はいつ? 子季語 光風・光る風 時期 三春(陰暦の1月~3月) ...
俳句

ホトトギスの俳句で有名な句一覧|武将は誰?面白い句や季語の意味も

ホトトギスの俳句といわれて、思い浮かぶのが「鳴かぬなら」で始まる句。この句にはどのようなものがあるのか、また、誰が詠んだのか気になりますよね。 さらに、新緑の爽やかな季節に美しく軽やかな声で鳴くホトトギスには、他にも数多くの句が存在します。...
タイトルとURLをコピーしました