1. TOP
  2. 表千家の家元!名前の読み方を紹介!

表千家の家元!名前の読み方を紹介!

 2016/04/15 茶道 歴史
  5,629 Views

家元に関わるお茶会に出かけると、掛軸や茶杓、茶碗など、
代々の家元のお好みの道具が使われ、
家元の箱書きが添っていますね。

表千家の代々ぼ家元の名前の読み方や関連するお茶室の名前、
しっかり覚えておきましょう。

Sponsored Links

歴代の家元の名前を読み方付きで紹介!

07142000010

千利休の後、千家は少庵、宗旦と続きました。
宗旦の隠居の際、三男の江岑宗左が、
利休に由来する茶室を受け継いだことが
表千家の始まりです。

歴代の家元の名前と読み方以以下の通りです。

4代 江岑宗左 こうしんそうさ  
利休の孫宗旦の三男です。 

5代 随流斎 ずいりゅうさい
茶の湯の覚書『随流斎延紙ノ書』を遺してています。

6代 覚々斎 かくかくさい  
徳川吉宗に茶を教えました。

7代 如心斎 じょしんさい  
七事式を制定。中興の祖といわれています。

8代 啐啄斎 そったくさい  
天明の大火後の千家を再建しました。

9代 了々斎 りょうりょうさい 
風流を愛した紀州藩主徳川治宝の庇護を受けました。

10代 吸江斎 きゅうこうさい 
了々斎についで、紀州偕楽園焼きに携わります。

11代 碌々斎 ろくろくさい
明治維新を迎え苦難の時代をすごします。 

12代 惺斎 せいさい    
火災で家元の大半の建物を焼失。再建に努めます。

13代  即中斎 そくちゅうさい 
表千家同門会を設立します。

14代  而妙斎 じみょうさい  
当代の家元です。

若宗匠 猶有斎 ゆうゆうさい 
同志社大学で茶道に関わる研究を行い
芸術学博士の学位を授与されました。

Sponsored Links

表千家の家元!場所はどこにある?

京都市上京区小川通寺之内通上る 
に表千家はあります。

京都駅からは市バス9系統西賀茂車庫前行で30分ほど乗車。
「堀川寺ノ内」で下車して、徒歩4−5分です。

地下鉄の最寄り駅は鞍馬口駅ですが、
ここからの徒歩は15分程度かかります。

なお、特に観光客を受け入れているわけではありませんので、
了々斎が徳川治宝より拝領した有名な表門(武家門)
眺めるだけになります。

Unknown

 

表千家の茶室の名前は?

E8A1A8E58D83E5AEB6E38080E4B88DE5AFA9E5BAB51jpg

江岑が宗旦より譲り受け、その後、代々家元が継承している
表千家を象徴する茶室は「不審菴」(ふしんあん)です。

その名前は、人智を超えた自然の偉大さ、
不思議さに感動する心という意味の
「不審花開今日春」
の語に由来しています。

室内には、利休の参禅の師であり、
また、友であった古溪宗陳が書いた
「不審庵」の扁額が欠けられています。

利休が大徳寺門前の屋敷につくった四畳半が
最初に「不審庵」と名付けられた茶室と伝えられています。

現在の不審菴は、4代の江岑が父の宗旦と相談して建てたもの
原型となっています。
当初宗旦は、侘び茶の究極の姿である
床なしの一畳半の茶室を作り不審菴と名付けてて、
千家の茶の象徴としたのでした。

宗旦は隠居に伴い、この一畳半を江岑に譲ります。
江岑は、一畳と台目畳の間に二畳を挿入し、
三畳台目の茶室に変えました。

不審庵は、天明・明治と二度火災により焼失してしまいます。
しかし、大正2年には再建され、
現在に伝わる不審菴は、

内外ともほとんど江岑以来の姿を保っています。

表千家では、「残月亭」という書院の一室も有名です。

残月

畳敷の座敷に二畳の天井の低い上段を設け、
付書院を備えています。
上段は床の間として使われ、残月床と呼ばれています。

「残月亭」は、当初は利休の聚楽屋敷に作られていました。
聚楽屋敷を秀吉が訪れた際、この残月亭の上段のかど柱にもたれ、
屋根裏の突上窓から名残りの月を眺めたという逸話が残っています。

こちらの写しの茶室は和泉市久保惣記念美術館など
各地に作られています。
秀吉も楽しんだ設えで、お茶を楽しみたいものですね。

Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊)

あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

07142000010

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!