1. TOP
  2. 茶道
  3. 茶道 道具
  4. 香合の使い方は?種類についても紹介
Sponsored Links

香合の使い方は?種類についても紹介

茶道 道具
  10,264 Views

茶道で使う道具の中でも、
動物の形をしていたり、豪華な蒔絵がついていたりと
色や形が豊富なのが香合ですね。

可愛らしいものが多い上、比較的手頃な価格で入手できるので

収集している方も多いのではないでしょうか。
香合は昔から収集家が多いため、
相撲のような番付も出来上がっているのです。

香合の種類と使い方をご紹介しましょう。

Sponsored Links

香合とは?


香合は、手のひらに乗る小さなサイズで、
蓋付きの
お香を入れておく容器のことです。

季節によって、用いる香合とお香の種類が変わります。

炉(11月〜4月)の時期には、陶磁器の香合を使います。
粉末状の香木を蜂蜜などと練って固形状にした
「練香」を入れます。

風炉(5月〜10月)の時期は、漆器など木製の香合を使い、
白檀や沈香を1cm四方程度に割り入れた
香木を入れておきます。

 

香合の使い方

香合の中には香を3個入れておきます。

炭手前の際に、炭や他の道具と共に
炭斗に入れて持ち出します。


炭手前をして、炭を炉や風炉にくべた後に

香合から2つの香を入れます。

一つは炭の近くに、一つは少し離れたところに
入れるようにしましょう。

香に火が点くタイミングに差ができる為、
長時間香を楽しめます。

香をくべた後は、残り1個を残したまま、拝見に出します。

尚、炭手前を行わない茶会では、
香合は床の間に飾っておきます。

床を拝見した時に、香合が飾ってあれば、
「今日は炭手前は省略します」というメッセージだと
いうことです。

 

香合の種類と見所

d84458f1bdf30eb6ee3d25c2d6c5b6f2

素材も色も形も豊富な香合は、
見ていても楽しいものですね。

陶器製の香合の見所はまずは形でしょう。
丸型・角形といったシンプルなものから、
蜜柑型、六角形といった少し変わった形のもの
亀や鳥など動物の形もあります。

続いては、絵付け。
シンプルな形の香合は、どんな絵が描かれているか、
じっくりと拝見しましょう。

漆器の香合は、形や塗り、蒔絵があれば絵柄を楽しみましょう。
堆朱や鎌倉彫のものは、絵が彫刻されているので、
こちらを鑑賞するのも楽しみですね。

Sponsored Links

形物香合番付表

型物香合とは、型を用いて成形した陶磁器の香合のことです。
江戸時代末には、相撲の人気にあやかって、様々なものの
番付表が作られました。
型物香合についても、道具商が中心になって作成され、
安政2年(1855)、「型物香合番付表」が出版されました。

katamonokougoubanzuke
染付、交趾、青磁、祥瑞、呉須など、
200種以上の唐物の香合が

相撲と同様、東西に分けられて番付されています。

横綱はありませんが、東の大関は交趾の大亀、

西の大関は染付の辻堂が選出されました。

02_090

 

執念で手に入れた交趾の大亀

番付表は、明治期以降の茶道具のコレクターにも影響を
与えました。

実業家の藤田傳三郎氏は、曜変天目茶碗などの茶道具や
仏教美術を収集してきましたが、
長年にわたり、型物香合番付大関の
交趾の大亀を手に入れたいと願っていました。

kougou

亡くなる直前の明治45年、
傳三郎は、大亀が売り出しに出るという話を耳にし、
出入りの道具屋に
「いくらでもよいから手に入れろ」
命じたそうです。

そして、病床で「無事落札」の報告を受けたものの、
その10日後には亡くなられました。

せっかく手に入れた大亀香合は、
傳三郎氏の茶会で一度も
使われることはなかったのです。

因みに、その際の大亀の落札価格は9万円
現在の通貨価値で計算すると、凡そ9億円になります。

手のひらにのる小さな陶器に9億円負担するとは、
傳三郎氏の並々ならぬ思いを感じます。

その交趾の大亀は、現在は、大阪市の藤田美術館が
所蔵していて、私たちも目にすることができます。

実際目にすると、かわいらしい亀の姿なのですが、
傳三郎氏の思いがこもり、何か神々しいオーラを
発しているようにも感じられます。

Sponsored Links



家・土地を最高価格で売却する裏ワザ
家・土地を売った人の実に80%以上の人

『比較』せずに不動産を売っています。

※家・土地の査定は
複数の業者間で『比較』することで、
査定額に1000万円以上もの差が出ます。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・親の急死でとにかく処分したかった
・親の遺産で不動産売却の知識がなかった
・どうやって売るか?知らなかった
・個人で売買の交渉をする自信がない

など、不動産売却の知識がないために
安く買い叩かれているのが現状です。

そんな時は、
『無料の不動産一括見積もり』オススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で家・土地の値段がわかる
・自分で見積もりを取る必要がない
・信頼できる業者しかいないから安心
・査定経験がない女性や年配の方にも親切
・『比較』するから高額査定が期待できる

また下取り相場が見れるので、

『買い叩かれる心配がない』ですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。


⇒1000万円の差が出る無料見積もりを試してみる


Sponsored Links

\ SNSでシェアしよう! /

徳望庵の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

徳望庵の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Links



一日一禅(メールマガジン・週刊) あなたの疲れた心を軽くする「禅語」をメルマガで紹介するサービスです。
禅の心に触れて身も心もリフレッシュ!

お名前  
メールアドレス
※メールアドレスの入力間違いが多くなっていますので確認下さいね。※