歌舞伎の名跡ランキング!格の序列で決まるの?

歌舞伎

歌舞伎の名跡

テレビに出ている歌舞伎俳優の名前が変わっていて、驚いた事はありませんか。
例えば松本幸四郎という名前ですが、現在は女優の松たか子さんのお兄さんの名前だと知っていましたか。
歌舞伎界には伝統的な名前である名跡を継ぐという習わしがあり、出世魚の様に役者経験などに合わせて名前が変わっていきます。

歌舞伎の名前の襲名を、芸能人の改名と同じくらいに思っている方。
歌舞伎界において名前が変わるというのは、変わった名前の芸を引き継ぐ覚悟ができたという事です。
売れる画数などに変更する改名とは違いますよ。

などを知って、名跡についての知識を深めましょう。

歌舞伎の名跡とは


引用元:Pinterest

歌舞伎の名跡とは、歌舞伎の家柄が代々受け継いで来た芸名の事。
有名な名跡として、市川團十郎や尾上菊五郎があります。

名跡は、同じ名前が代々引き継がれ、例えば市川團十郎は十二代までありますので、市川團十郎という名前の役者は、現在まで12名存在した事になります。
同じ芸名であっても人物は違いますので、それぞれの役者を区別する方法として、「○代目市川團十郎」と言われ、役者名を省いて「○代目」とだけ呼ばれる事もあります。

また、芸名を受け継ぐ事を「襲名」といいます。
歌舞伎では襲名の際には「襲名公演」を行うのが習わしで、その家柄にちなんだ演目のお家芸を披露します。

歌舞伎の名跡!格の違いって何?


引用元:Pinterest

名跡の格の違いとは、屋号の格の違いです。

歌舞伎役者には名跡という芸名と、その芸名が属する看板名の様な屋号というのがあります。
例えば尾上菊五郎であれば、尾上家ですが屋号は音羽屋となります。

屋号の格については、その屋号の歴史の古さによって決まり、古ければ古いほど格上となります。
屋号の格の最上位は、江戸歌舞伎の創始者ともいわれる成田屋です。
成田屋の名跡である市川團十郎が、名跡でも最上位となります。

歌舞伎の名跡一覧


引用元:Pinterest

歌舞伎の名跡と言われている名前は、現在300以上あります。
その中でも代表的な名跡を屋号別にご紹介します。

屋号名跡
成田屋市川團十郎・市川海老蔵
音羽屋尾上菊五郎・尾上菊之助
中村屋中村勘三郎・中村勘九郎
高麗屋松本幸四郎・松本白鸚
松嶋屋片岡仁左衛門
澤瀉屋(おもだかや)市川猿翁・市川猿之助
播磨屋中村吉右衛門
成駒屋中村歌右衛門・中村芝翫
加賀中村東蔵
大和屋坂東三津五郎
山城屋坂田藤十郎

歌舞伎の名跡をランキングするとどうなる?


引用元:Pinterest

名跡屋号
第1位市川團十郎成田屋
第2位尾上菊五郎音羽屋
第3位坂田藤十郎山城屋
第4位松本幸四郎高麗屋
第5位中村勘三郎中村屋
第6位中村歌右衛門成駒屋
第7位片岡仁左衛門松嶋屋
第8位中村吉右衛門播磨屋
第9位坂東三津五郎大和屋
第10位市川海老蔵成田屋

歌舞伎の名跡!序列は何で決まるの?


引用元:Pinterest

歌舞伎の名跡の序列は、屋号の格の序列で決まります。
屋号の格はその屋号の歴史の長さによって決まるため、最上位は成田屋の市川團十郎です。

また2位以下については、成田屋と同じく歌舞伎の創始時代からある音羽屋の尾上菊五郎になります。
3位以降については、名門と言われ江戸時代からある高麗屋の松本幸四郎、中村屋の中村勘三郎、太和屋の坂東三津五郎があります。

名跡の序列は、演じる演目の配役にも影響があり、序列上位の名跡は主役を演じます。

歌舞伎の女形の名跡は誰?


引用元:歌舞伎美人

女形の名跡と言われる中で代表的な名前は、中村雀右衛門(じゃくえもん)と中村歌右衛門です。
中村雀右衛門の名跡は、2016年に五代目中村雀右衛門の襲名が行われました。
中村歌右衛門については、現在空席です。
2013年に九代目中村福助が、七代目中村歌右衛門を襲名すると発表されるも体調不良となり、2021年1月現在襲名は延期となっています。

女形と聞くと五代目板東玉三郎をイメージする方も多いですが、板東玉三郎というのは女形の名跡ではありません。
ただ中村雀右衛門という名跡も、二代目は立役などをかねた女方で、三代目以降に女形の名跡というイメージが強くなった名前です。
五代目板東玉三郎は、現在の女形界NO.1と言われる実績のある人気役者。
六代目以降に続く板東玉三郎という名前は今後、女形の名跡として受け継がれる可能性は高いです。

まとめ

歌舞伎の名跡とは歌舞伎の家柄が代々受け継いで来た芸名の事
歌舞伎の名跡ランキング1位は誰?市川團十郎
歌舞伎の名跡の格の違いについて名跡が属する屋号の格の違いで、屋号の歴史が古いほど格上となる

名跡について知識は深りましたか。

伝統のある名前を継ぐ襲名は、歌舞伎界においては最大のイベントです。
現代まで何度かあった歌舞伎界の停滞は、襲名によって活性化され現代まで歌舞伎は続いてきました。

次の大きな襲名は、現在延期となっている十三代目市川團十郎の襲名。
歌舞伎界1位の名跡を継ぐ襲名です。
十三代目襲名時に、歌舞伎界はどんな盛り上がりをするのか。
是非注目してみて下さいね。

不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
富塚亜希子

大学時代に、興味本位で所属した江戸の古典芸能ゼミで、京都南座で初めて歌舞伎を見て以降、歌舞伎にはまり現在まで100演目以上鑑賞しました。

鑑賞してわかった事は、「歌舞伎は伝統文化という古いものではなく身近な娯楽」だという事。
「明日の生活に役立つ歌舞伎」をモットーに、テレビドラマを見るぐらいの気軽さで、歌舞伎を見てもらうのが目標です。
歌舞伎に興味を持ってもらい、初めて劇場で歌舞伎を見に行く時の不安な気持ちを少しでも軽くできるような記事が書けるよう頑張ります。

一番好きな演目は「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」

歌舞伎以外の趣味は、寄席での落語鑑賞、お寺巡りや日本酒を飲むことなど。

富塚亜希子をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました