寿限無(じゅげむ)の落語のあらすじ&オチは?動画まとめ

落語

落語じゅげむのあらすじ&オチ

落語を全く知らない人でも「寿限無(じゅげむ)」という名前は聞いたことがある方は多いですよね。

ですが「寿限無(じゅげむ)」というのが「人の名前」であることは知っていても、どんな内容の落語であるかまでは知らない方は多いにではないでしょうか?

この記事では落語「寿限無(じゅげむ)」のあらすじ・オチ・名人・教訓などについて詳しく解説しています。

落語「寿限無(じゅげむ)」は子どもが好きな落語ですので、是非お子さんと一緒に読んでもらえたら嬉しいです。

落語「寿限無(じゅげむ)」はどんな内容?

落語「寿限無(じゅげむ)」の内容を簡単に説明すると、生まれた子供がすくすくと健康に成長してほしいという親の願いが込められた滑稽噺になります。

親が我が子の健康・長生きを願い、非常に長い名前を付けてしまうという現在でいう親バカの噺です。

落語「寿限無(じゅげむ)」は噺の内容ではなく、噺のリズムや間で笑いをとらなければならないので前座の噺家が修行中によく高座にかける落語の一つです。

落語「寿限無(じゅげむ)」のあらすじ

※下記は上方落語の三代目桂春団治の落語「寿限無(じゅげむ)」のテキストを参考にしたあらすじです

上方落語でお馴染みの喜六が、生まれた我が子にめでたい名前を付けたいと考え、博識のお寺の和尚さんに相談に行きます。

お寺の和尚さんはいくつか縁起の良い名前を教えてくれたのですが、喜六はなかなか決めきることができません。

和尚さんの教えてくれた縁起の良い名前ですが、まず一つ目が「寿限無(じゅげむ)」というおめでたい名前。

喜六は「もっとめでたい名前はありませんか?」と和尚に尋ねます。

すると和尚が次に薦めてくれた名前は「五光の擦り切れん」という名前。

喜六はまだ納得しません。

そして次から次へと和尚は下記の子どもの名前の候補があげていきます。

「海砂利水魚の水行末(かいじゃりすぎょのすいぎょうまつ)」。

「雲行末(うんぎょうまつ)の水行末(すいぎょうまつ)」。

「食う寝るところに住むところ」

「パイポパイポパイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナー」

「長久命(ちょうきゅうめい)」

「長助(ちょうすけ)」

結局、喜六は和尚に教えてもらっためでたい名前を一つに絞ることができず、仕方がないので和尚に教えてもらった名前を「すべて付ける」という大胆な決断をします。

和尚は喜六の申し出にビックリしましたが、一度言い出すと聞かない喜六のこと、全ての名前を紙に書いてやり喜六に渡してやります。

喜んで家に帰った喜六は、暇に任せて夫婦二人でこの長い名前を覚えてしまいます。

このおめでたい名前が喜六の子どもに合ったのでしょうか、寿限無(じゅげむ)君は病気一つすることなく健康にすくすくと成長します。

小学生になった寿限無(じゅげむ)君、友達が朝、小学校に一緒に行こうと誘いに来ます。

ところが友達が寿限無(じゅげむ)君の家に着き、寿限無(じゅげむ)君の名前を呼んだのですが、名前をすべて言うだけでも一苦労です。

友達は学校に遅刻するといけないので寿限無(じゅげむ)君を置いて、先に学校に行ってしまいます。

ある日、ヤンチャ者の寿限無(じゅげむ)君が、自分より年上の友達のアタマを竹の棒でたたき、友達は泣きながら寿限無(じゅげむ)君のお母さんに言いつけにきます。

驚いた母親はすぐに謝り、父親に報告します。

ところが寿限無(じゅげむ)君の母親は、寿限無(じゅげむ)君の名前をフルネームで呼ぶので、それだけでもかなりの時間がかかります。

母親に呼び出された寿限無(じゅげむ)君の父親が、友達のアタマを触ってコブの場所を確かめようとするのですが、友達のアタマに「こぶ」は見つかりません。

寿限無(じゅげむ)君の父親はいいます。「こら!ウソついたらいかんやないかい!コブもなんにもあらへんやないかい!」

すると友達は、「おっちゃーん、最初はあったんだっけどな、名前を言うてる間にコブが、へっこんでしまいました」

 

落語「寿限無(じゅげむ)のオチ

落語「寿限無(じゅげむ)」のオチは「名前を言うてる間にコブが、へっこんでしまいました」

落語にはオチで客席から拍手がくるような素晴らしいオチもあれば、落語「寿限無(じゅげむ)」のようにバカバカしいけどクスッと笑えるオチもあります。

今でこそキラキラネームと言って当て字や読みにくい名前の方もおられますが、寿限無(じゅげむ)君はその先駆けかもしれませんね。

落語「寿限無(じゅげむ)」の教訓とは?

落語「寿限無(じゅげむ)」の教訓はいろいろ考えられますが、

  • 名前は一生使うものなのでしっかり考えて付けましょう
  • 子どもは親も名前も選べない

というところでしょうか。

落語「寿限無(じゅげむ)」の名人!十八番なのは誰?【動画あり】

それでは落語「寿限無(じゅげむ)」の名人、十八番にしていた噺家を紹介します。

三代目桂春団治の落語「寿限無(じゅげむ)」

上方落語の四天王 三代目・桂春団治は落語「寿限無(じゅげむ)」を十八番にしていました。

落語「寿限無(じゅげむ)」は噺の筋としては、大人が聞くとたいして面白くない筋なのですが、三代目春団治の絶妙の間で大人も笑う落語「寿限無(じゅげむ)」にグレードアップされています。

動画がないので紹介できないのが残念ですが、音源はCDショップや図書館などにもありますので気になる方は是非聞いてみてください。

立川談志の落語「寿限無(じゅげむ)」

立川談志の落語「寿限無(じゅげむ)」です。

落語通のファンが多かった立川談志ですが落語「寿限無(じゅげむ)」のような噺でもオリジナリティを出し落語通を納得させていました。

落語「寿限無(じゅげむ)」!おすすめの名演を紹介【動画あり】

引き続き落語「寿限無(じゅげむ)」のおすすめの名演を紹介します。

小学生向け落語「寿限無(じゅげむ)」

上方落語家で京都大学出身の桂福丸の落語「寿限無(じゅげむ)」です。

上品で知的な高座に定評があり、大阪や東京でも定期的に落語会を開催しています。

今後の上方落語界を引っ張っていく存在として期待されています。

NHK 落語 ザ ムービーの落語「寿限無(じゅげむ)」

NHK落語ザムービーでの柳家三三の落語「寿限無(じゅげむ)」です。

人間国宝の柳家小三治の弟子で、心地よい口調で江戸の風・匂いを感じる全国的に活躍している本格派の噺家です。

こども落語の「寿限無(じゅげむ)」

落語「寿限無(じゅげむ)」は学校の教科書にも掲載しているケースもあり、長い名前を暗記している小学生も多いかと思います。

子ども落語はとにかく可愛いので一見の価値ありです。

英語落語「寿限無(じゅげむ)」

カナダ人落語家で六代桂文枝の弟子の桂三輝(サンシャイン)の落語「寿限無(じゅげむ)」です。

外国人落語家も増えており、桂三輝の活躍で落語の国際化のスピードがかなり進んでいるのではないでしょうか。

絵本読み聞かせの落語「寿限無(じゅげむ)」

絵本の落語「寿限無(じゅげむ)」です。

落語は子どもの読み聞かせに相性が良いようでたくさんの演目が絵本になっています。

落語「寿限無(じゅげむ)」の台本!テキストで解説

寿限無:「寿、限りなし」という意味。簡単に言うと寿(命)が(無)限という事。

五劫の擦り切れ:本来は「五劫の摺り切れず」または「五劫の摺り切れん」が正しい。

天女が時折泉で水浴びをする際、その泉の岩の表面が微かに擦り減り、それを繰り返して岩が無くなってしまうまでが一劫とされ、その期間はおよそ40億年。それが5回擦り切れる、つまり永久に近いほど長い時間のこと。

海砂利水魚:海の砂利や水中の魚のように数限りないという意味。

水行末雲来末風来末:水・雲・風の来し方行く末には果てがないよいう意味。

食う寝る処に住む処:衣食住の食・住より。生活に必要な衣・食・住に困らずに生きて行ける事を祈ったもの。

藪ら柑子の藪柑子:(やぶこうじ)やぶらこうじのぶらこうじ、とも。

藪柑子(やぶこうじ)は生命力豊かな縁起物の木の名称。

「(や)ぶらこうじ」は藪柑子がぶらぶらなり下がる様か、単に語呂の関係でつけられたとされる。

パイポ、シューリンガン、グーリンダイ、ポンポコピー:ポンポコナ唐土(もろこし)のパイポ王国の歴代の王様の名前でいずれも長生きしたという架空の話から。

長久命:「長く久しい命」という意味。

長助:「長く助ける」の意味。

 

まとめ

今回は落語「寿限無(じゅげむ)」のあらすじ・オチ・名人・教訓などについて解説しました。

落語「寿限無(じゅげむ)」は教科書にも掲載されている有名な落語です。

まだ一度も聞いたことがない方は是非一度聞いてみることをおすすめします。

不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
晋治

2008年に落語家に入門。現役の落語家。
2020年にWebライター業を開始。
落語家もライターも、話し言葉と書き言葉の違いはありますが、どちらもお客様に喜んで頂ける言葉や表現を模索する作業は共通しています。
ライターとして日々勉強中ですが、読者が求める情報+αの価値提供を目指しています。現役の落語家であることを活かした記事の執筆を考えています。
ライター業は40歳からの新しい挑戦で、かなり遅いスタートではありますが、人間は向上心さえあれば何歳からでも新しいことに挑戦できると信じています。これからも好奇心とチャレンジ精神を忘れずにいろいろなジャンルに挑戦していきたと思っています。
皆様のお役に立てるライターになれるように頑張ります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

晋治をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました