講談と落語の違いとは?関係や演目・人数を比べて解説

落語

講談と落語の違い

着物の演者が1人で舞台に出て、台を前に置き話をする。

舞台の見た目が似ているため落語と講談の違いがよくわからず、同じようなものだと思っていませんか?

落語と講談には明確な違いがあります。違いがわかれば、より自分にあった芸能を楽しむ事ができますよ。

などを知って、講談と落語の違いについて学んでいきましょう。

落語・講談とは


引用元:4500もある物語を語り継ぐ「講談」の世界へ。神田松之丞さんインタビュー|ことりっぷ

落語と講談は、1人の演者が舞台に座り話を語るものです。

落語と講談には明確な違いがあります。
座布団の上に座るだけで小道具を持たずに話をする落語に対し、講談は釈台(しゃくだい)という机を前に、張り扇(はりおうぎ)で調子を取りながら語ります。
落語は登場人物になりきって会話調の話をするのに対し、講談は語り部としてストーリー全体を語ります。
扱う主人公も落語は、少し抜けた様な親しみやすい登場人物が多いのに対し、講談はかっこいいヒーローが主人公の武勇伝が多いです。

落語と講談の関係について


引用元:講談師・神田松之丞 「絶滅危惧」をブームに導く知略|NIKKEI STYLE

落語と講談の関係は深く、同じ演目が落語にも講談にもある場合があります。

落語で評判になった演目が、講談に移入され演じられます。
「牡丹灯籠」や「塩原多助(しおばらたすけ)」は、落語原作で講談でも演じられる様になった演目です。

講談と落語はどちらの歴史が古い?


引用元:はじめての寄席へ。江戸の風情が息づく浅草演芸ホールで落語を楽しむ | Sheage(シェアージュ)

講談も落語もほぼ同じくらいの歴史の古さです。

講談は江戸時代の大道芸、辻講釈(つじこうしゃく)が始まりと言われています。
軍記物に注釈を加えながら、語られました。

落語も同じく元禄時代に現代の落語スタイルの原型が誕生し、京都で露の五郎兵衛という最初の落語家が活躍しました。
現在の落語家と同様に台に座って滑稽な話をし、聴衆からお金を得ていました。

講談師と落語家の人数が多いのはどちら?


引用元:ジャンヌ・ダルク | 荻窪講談

現在落語家は約700人、講談師は約60人ですので、落語家の方が10倍以上人数が多いです。
男女比については、落語家は女性が約50名、講談師は女性の方が割合が多く約35名。

男性演者用の演目が多い講談ですが、女性演者がメインとなったため、女性演者にふさわしい新しい作品が次々と作られています。

講談と落語の違いをユーチューブでご紹介!

講談としても、落語としても有名な「中村仲蔵」、動画で見てください。

講談と落語と浪曲の違いはどこ?


引用元:語りと三味線、一対一! 浪曲は楽譜で表せないエネルギーのセッション|音楽っていいなぁ、を毎日に。| Webマガジン「ONTOMO」

浪曲は明治時代から始まった演芸で、三味線を伴奏にして物語を語る芸。

講談や落語との違いは、舞台を見るとわかりやすく、三味線の演奏家が必ず舞台にいます。
浪曲は講談や落語のように話を語るのではなく、三味線のリズムに合わせて独特の節で物語を歌います。

落語と漫才と講談の違いは?


引用元:新型コロナにかけて「新型不倫」爆笑問題が漫才でアンジャッシュ・渡部をいじり倒す – フジテレビュー!!

漫才は2人や2人以上の人数がマイクの前に立ち、会話の掛け合いによって笑わせる話芸の事。
座りながら1人で複数の役を演じる落語や講談とは、演じるスタイルや人数が違います。

漫才の中でもコント漫才になると、マイクから離れ体全体で演じる事も多く、演じる場所も変わります。

落語と講談の演目について

「中村仲蔵」の落語と講談の違いは何?


引用元:Pinterest

物語の構成に違いがあります。

「中村仲蔵」だけに限らず落語と講談の違いは、落語が感情を含んだ会話劇なのに対し、講談は物語の事実をそのまま伝える事。
特に落語は落語家の解釈が加えられる事が多く、ストーリーが肉付けされていたり、最後の落ちの部分が変更されていたりします。

講談の中村仲蔵は、六代目神田伯山が得意とし襲名披露公演の時に演じられ、中村仲蔵の出世物語の様に語られます。

怪談落語「牡丹灯籠」は講談ではあまりしない?


引用元:Pinterest

「牡丹灯籠」は講談で演じられる事もあります。
落語や歌舞伎に比べると、演じられる数は少ないです。

もともと「牡丹灯籠」は中国の明の時代の小説を元に、江戸時代末期に三遊亭圓朝が創作した落語作品。
牡丹灯籠は人気となり、後に講談や歌舞伎で演じられるようになりました。

七代目立川談志は講談も落語もできたの?


引用元:エンタ魂

参議院議員としても有名だった七代目立川談志。
落語だけではなく、講談や漫談、川柳に舞踊まで幅広い芸に精通していました。

時事講談の面白さから、ニュースのコメンテーターとなり、「世相講談」というストリーミング配信も行っていました。

落語と講談を寄席で見たい!大阪でも見れる?


引用元:昼から木曜寄席(此花千鳥亭) – 三代目 桂花團治

現在大阪で落語と講談を一緒に行っている定期的な寄席はなく、有名な講談師でも区民センターなどを利用して公演を行っています。
ただ不定期であれば、日本で唯一の講談小屋「此花千鳥亭」で見る事が可能。
此花千鳥亭は、講談について詳しく学べる講談教室の開催や、大阪になかなか行けない遠方の方も楽しめるZOOM寄席などの配信も行っています。

東京で落語と講談を見るならどこ?


引用元:Pinterest

東京の有名な寄席は「新宿末廣亭」「浅草演芸ホール」「池袋演芸場」です。

落語であればすべての寄席で公演されているのですが、講談も一緒に見たい場合は、新宿末廣亭と池袋演芸場で講談を行っている可能性が高いです。
現在すべての寄席で、事前に公演内容が掲載されていますので、ホームページでチェックした後に寄席に行くのが良いですね。

まとめ

落語と講談の関係についてそれぞれが作品として移入される関係
「中村仲蔵」の落語と講談の違いについて物語の構成に違いがある
東京で落語と講談が見れる寄席について「新宿末廣亭」と「池袋演芸場」

講談と落語の違いについて理解できましたか。

七代目立川談志は講談と落語の違いについて、「講談は人間のモラルが下敷きにあるが、落語はアウトローだ」と表現していました。

最近は、講談師六代目神田伯山の人気もあって、復活しつつある講談。
人間のモラルが、より求められる時代になった事の現れかもしれないですね。

不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
富塚亜希子

大学時代に、興味本位で所属した江戸の古典芸能ゼミで、京都南座で初めて歌舞伎を見て以降、歌舞伎にはまり現在まで100演目以上鑑賞しました。

鑑賞してわかった事は、「歌舞伎は伝統文化という古いものではなく身近な娯楽」だという事。
「明日の生活に役立つ歌舞伎」をモットーに、テレビドラマを見るぐらいの気軽さで、歌舞伎を見てもらうのが目標です。
歌舞伎に興味を持ってもらい、初めて劇場で歌舞伎を見に行く時の不安な気持ちを少しでも軽くできるような記事が書けるよう頑張ります。

一番好きな演目は「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」

歌舞伎以外の趣味は、寄席での落語鑑賞、お寺巡りや日本酒を飲むことなど。

富塚亜希子をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました