節分の季語が冬なのはなぜ?子季語・関連季語や有名な俳句も紹介

俳句

節分の季語が冬なのはなぜ?小季語・関連季語や有名な俳句も紹介

古来より、冬から春に変わる重要な日とされてきた「節分」

春の訪れを喜ぶ様子や豆撒きの賑やかな雰囲気を思わせる句に登場しています。

今回は季語「節分」の子季語や関連季語の詳しい解説や有名な句を紹介します。

節分の季語はいつ?

子季語節替え
関連季語冬尽く・追儺・豆撒・柊挿す・厄払
時期立春の前日 2月3日
解説冬から春に変わる節目である、立春の前日を指す。
一年健やかに過ごせるよう、豆まきなど
厄除けのまじないを行う。

節分の子季語・関連季語の解説

節分は春を迎えるにあたって、一年の家内安全を祈る日です。

そのため子季語や関連季語にも、古くから伝わる節分の厄払いを指す語が含まれています。

子季語関連季語
節替え節分の別称。季節の変わり目。
冬尽く(ふゆつく)長い冬がようやく終わること。
豆撒き・追儺(ついな)禍を鬼に見立て、豆を投げて祓う行事。
古来より中国の大晦日で行われていたが
現在では節分に行われることとなった。
柊挿す焼いた鰯の頭を柊の枝に挿して、
節分の夜に玄関口に置き
禍を遠ざける様。
厄払厄年の人が節分の夜に社寺を詣でて、
厄落としを行うこと。

節分の季語を使った俳句

俳句作者
節分や 親子の年の 近うなる正岡子規
節分や 肩すぼめゆく 行脚僧幸田露伴
舟うるや 声もたからか 節分の夜池西言水
かくれ家や 歯のない口で 福は内小林一茶
節分や よい巫女誉むる 神楽堂黒柳召波
不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
伊予原彗

3歳の頃から書道教室に通い、伊勢神宮の書道展に訪れた時から神社やお寺へ訪れることが大好きになりました。
現在でも趣味で神社仏閣巡りを楽しんでいます。
悩みを抱えている時はお寺の静謐な空間に癒されることもしばしば。
散策中にちょっとした「おもてなし」の気遣いに出会うこともあり、改めて日本文化の良さを感じる日々です。

中学時代には地域の歌舞伎保存会の公演に携わり、日本の伝統芸能の魅力に惹きこまれていきました。
音楽大学進学後は日本ならではの雅楽や伝統芸能の良さに触れ、多くの人に知ってもらいたいと思うように。
古き良き民謡だけでなく現代曲に取り入れてもかっこいい和楽器は、後世に残していくべき日本文化の1つだと思います。

日本文化や歴史の知識を増やしながら、多くの人に興味をもっていただけるような記事をお届けできるよう頑張ります。

伊予原彗をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました