牡丹の季語について|季節別の小季語・関連季語や有名俳句

俳句

牡丹の季語について|季節別の小季語・関連季語や有名俳句

初夏にバラのような大輪を咲かせる牡丹。

その美しさから「花の王」とも呼ばれており、多くの名句に登場しています。

今回は季語「牡丹」の時期や小季語1つ1つの意味を紹介します。

牡丹の季語はいつ?

小季語ぼうたん・深見草・白牡丹・牡丹園・狐の牡丹など
関連季語寒牡丹・牡丹の芽・牡丹焚火・牡丹鍋
草牡丹・牡丹の接木など
初春 3月中旬
初夏 4月~6月
仲秋 9月~10月
三冬 10月~12月

春の牡丹の季語

春は牡丹が芽吹く季節。

牡丹の可愛らしい芽は、春の訪れを感じさせる季語として使われています。

季語解説
牡丹の芽牡丹が地中から朱色の芽を出し、
春の訪れを知らせている様子。

夏の牡丹の季語

夏は牡丹の旬の季節です。

夏の句を鮮やかに彩る季語が集まります。

季語解説
牡丹桃や白、黄色の色鮮やかな大輪を咲かせる。
深見草・富貴草
二十日草
牡丹の別称。
白牡丹白い牡丹。
牡丹園牡丹が咲く庭。
狐の牡丹
山狐の牡丹
キンポウゲ科の多年草。
春から秋にかけて小さな黄色の花をつける。
松葉牡丹スベリヒユ科の一年草。
通常の牡丹より小さく、高温や乾燥に強い。

秋の牡丹の季語

秋は来年の開花に備えて、繁殖を行う季節。

そのため株を移し替えたり、接木を行う様子が季語となっています。

季語解説
牡丹の根分牡丹を繁殖させるため、良い株を移し替えること。
牡丹の接木牡丹を繁殖させるため、別の牡丹を枝の切断面から
接着すること。
牡丹植う牡丹を植える様子。
草牡丹山に自生するキンポウゲ科の低木で、
秋に紫の花を咲かせる。
葉の形が牡丹と類似している。

冬の牡丹の季語

冬は寒牡丹や葉牡丹の旬の時期。

またシーズンが終わった夏牡丹を供養する様子も、季語として登場します。

季語解説
葉牡丹・牡丹菜キャベツに似た形をした牡丹で、
ハナキャベツという別称をもつ。
寒牡丹・冬牡丹冬から春に咲く牡丹。
牡丹鍋猪肉を使った鍋料理。煮込んだ猪肉が
牡丹のように見えることからつけられた。
牡丹焚火・牡丹焚く
牡丹供養
咲き終わった牡丹の枯れ枝を、
感謝の気持ちをこめて焚く様子。
牡丹粗朶牡丹焚火のために枝を切って集めること。

牡丹の季語を使った俳句

俳句作者
牡丹切て 気の衰へし 夕かな与謝蕪村
牡丹散つて うちかさなりぬ 二三片与謝蕪村
美服して 牡丹に媚びる 心あり正岡子規
おほぎやうに 牡丹嗅ぐ娘の 軽羅かな飯田蛇笏
是程と 牡丹の仕方 する子哉小林一茶
ぼうたんを 剪るに怺へし 掌原裕
牡丹園 父恋ふほどの 日和にて原裕
不動産の売却に困っていませんか?

不動産売却をしようと思っても
・何から始めれば良いか分からない
・不動産会社の選び方が分からない
・しつこい営業がないか不安

などの悩みはありませんか?
そんなあなたに、利用者満足度91%の「SUUMO売却」がおすすめです。

SUUMO売却の満足度が高い理由は、
・大手から地元の不動産会社まで比較できる
・電話番号の入力が任意だからしつこい営業電話がない
・一度に10社以上の同時査定依頼が可能
※査定可能会社数は物件所在地によって異なります

不動産売却にお悩みの方は、まずは査定依頼から始めてみて
不動産に対する悩みを少しでも解消してみてはいかがでしょうか。

※今なら60秒のかんたん入力で、すぐに無料の査定依頼がスタートできます。

この記事を書いた人
伊予原彗

3歳の頃から書道教室に通い、伊勢神宮の書道展に訪れた時から神社やお寺へ訪れることが大好きになりました。
現在でも趣味で神社仏閣巡りを楽しんでいます。
悩みを抱えている時はお寺の静謐な空間に癒されることもしばしば。
散策中にちょっとした「おもてなし」の気遣いに出会うこともあり、改めて日本文化の良さを感じる日々です。

中学時代には地域の歌舞伎保存会の公演に携わり、日本の伝統芸能の魅力に惹きこまれていきました。
音楽大学進学後は日本ならではの雅楽や伝統芸能の良さに触れ、多くの人に知ってもらいたいと思うように。
古き良き民謡だけでなく現代曲に取り入れてもかっこいい和楽器は、後世に残していくべき日本文化の1つだと思います。

日本文化や歴史の知識を増やしながら、多くの人に興味をもっていただけるような記事をお届けできるよう頑張ります。

伊予原彗をフォローする
和比×茶美

コメント

タイトルとURLをコピーしました